育児と育自と時々の美味しいもの☆


by shizuer
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シンデレラタイム

b0026385_204281.jpg
天神ロールをゲットしたから、今から届けるよ♪」と平日の夕方5時過ぎに主人より連絡あり。リコ・コウは6時には寝るので(我が子は早寝早起き)ドタバタ劇場中。「ピンポ~ン」とチャイムが鳴ったので、三人でリビングから出て行くと、紙袋に入ったロールケーキが廊下にポツンと置いてありました。主人は置いて直ぐに仕事に戻ったらしい。

リコはもう夕食を食べた後で満腹。翌日食べると約束してご就寝。私は、結局、その日の深夜11時半に帰って来た主人と、このよぉにクリームてんこ盛りのロールケーキを食べてしまいました。完全に全部が体脂肪として蓄積されただろうと恐怖を抱きつつ、禁断タイムに食べる幸せも感じてみたりしました。

ちょっと前にバス停ママが高価なモンクレールのダウンコートを旦那様に買って貰ったという話をしていたので、
主人は「コートは買ってあげられないけど、パパが出来るのはこんなロールケーキを買ってあげるくらいだよ」
ロールケーキも捻出苦しいだろうに、どうもどうもサンキューなり。

と自分は良い事をした、みたいに満足感に浸りつつ、「しかしこの生クリーム、旨いなぁ♪」と一番美味しそうに、嬉しそうに食べていました。

いつかコートも宜しくお願いします。
[PR]
by shizuer | 2008-11-27 20:35 |

い・モンブラン

b0026385_19545399.jpg
ご察知のとおり、栗で作るモンブランでなく薩摩芋で作ったモンブラン。いつか本格的に栗で作ってみたいけど、今現在は、手間暇お金は節約所。旬のお芋で我慢です。自作の渋皮煮をトッピングして我が家にとっては、これでもちょい贅沢モノ。

モンブラン専用の金具を持っていなくて、絞り袋の先端をハサミで切ったのですが、切り過ぎて毛糸みたいに、いや、リコの粘土作品みたいに太いモンブランで全く情けない。生ぬるいところに粉砂糖を篩ったらシュワっと溶けてなくなった(苦笑)

が、我が家にとってはご自宅用、味が良ければ全てよし!(←開きなおっているだけ)今回も好きなだけすくって食べるスコップタイプ。デコレーション要らずで手抜きとも言う。

最近、生活の全てが適当手抜きかも~おホホっ
[PR]
by shizuer | 2008-11-18 20:18 |

温泉に行くの巻

b0026385_2114642.jpg
断崖絶壁、”○○の名所”に行って来ました~。「ひゃ~っ!」というのは荒々しい岩肌と押し寄せる波による我が悲鳴。今では観光客と、海産物や定食屋さんの呼び込みのお母さんによって、身を投げるなんて出来そうにありません。みんなに止められ更に説教されそうな雰囲気でした。

我々夫婦にとって子供が生まれてから家族のみで行く旅行はこれが初めて。関西に居る間に関西に住んでいるからこそ行けるところへ行こうと思いつつ、子供が居るとなかなか行動に移せないまま過ぎていました。子供が学校に通っている訳ではないので、ホントは平日に行った方が断然お得なのですが、主人は絶対平日休める訳もなく、パンフレットを貰って来て計画に挑むも「こんなに高いのか、、、」と眺めて諦めるの繰り返しでした。しか~し!今回は私のちょっとした手柄によって、安く泊まれる宿を押さえて、この日を家族全員、首を長くしてまっておりました。前日、幼稚園の先生に用事があり電話したところ、『リコちゃんは明日、旅行に行くんですか?何ヶ月も前から温泉に行くんだとクラスのみんなにお話していて、「明日はオイシイもんいっぱい食べて来るでぇ~♪」と言って楽しみに帰って行きました。』とおっしゃいました。楽しみにしている様子は家でも伺えたけれど、そんなに楽しみにしていたとは笑けてきました。悪い事をすると「りーちゃんだけ、温泉連れて行かないよ、お留守番だよ。」と脅していました。よく独り言で「ちゃんとママのいう事きかないと温泉、お留守番やで」とブツブツブツブツ言っていました。
b0026385_21205732.jpg

特選海鮮丼。リコはこれに付いてきたお蕎麦を我々の二人分を食べていました。こういう海鮮モノっていうのは子供にとってはご馳走って訳ではないんだよね~と私の幼い時を思い出しました。帰りのサービスエリアでは「たこ焼きが食べたい!」と大粒6個を平らげ、もはや完全なコテコテの大阪人ですよ、我が娘。先生に何を食べて来たか聞かれたら、まさか「たこ焼き!」と言うんじゃなかろうか?と不安を覚える私。
b0026385_21531859.jpg
「ママも日々の疲れを癒して沢山食べなよ」と言ってくれる主人のその言葉は有り難く嬉しいのであるが。先に主人に食べてもらって、私はコウを食べさせあやしながら、いざ、「さぁ、食べよう!」とやっと箸を持った瞬間(私の顔はご馳走を目の前にもの凄くニヤけてたに違いない)、子供二人を置いて「ちょっとトイレ行って来る」。「と、トイレ!?」ちょっとぉ、子供二人を見ててくれないと私、完全に食べられないんですけれどぉ。これぢゃ、普段の平日の食事と全く変わりないじゃない!

主人の間の悪さにムッとした場面も多々ありつつ、年賀状の家族写真も撮れ、何事もなく無事帰宅でき、珍道中色々な楽しい思い出もできて、まずまずの温泉旅行でした。

楽しい疲れが取れない私は歳を感じております。一泊でなんでこんなに洗濯物の山?
[PR]
by shizuer | 2008-11-04 21:53 | 食&育児