育児と育自と時々の美味しいもの☆


by shizuer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

約束

b0026385_10192692.jpg

明日ってハロウィン?そういう言われとか、全く無知ですが、イベント好きの私だから、一応、部屋にはカボチャのお化けが所どころに潜んでます。結構怖いお顔だ。

このカボチャ、先週末、ショッピングセンターで主人とリコがタダでゲットしたもの。大抵、スーパーで1/4にカットされて売られているものの丸のままだから、結構大きいし家族だけで食べられるか?って不安。何ゆえタダかと申しますと、超ビッグなドテカボチャが何キロかを当てたら豪華商品が貰えたらしい。で、ハズレて↑をひとつ貰ったんだとさ。やっぱりハズレか。主人は「家計に良いことをした♪」と満足、満面の笑みで持ってきて、ベビーカーに引っ掛けたが、おいおい、重過ぎてベビーカーがひっくり返ったじゃん!全くデインジャラスなカボチャだぜぃ。
b0026385_10275599.jpg

私は未だホットケーキにハマっておりぃ。結構焼き方も上達したでしょ?今回は自分が配合した生地と、一体どれだけ美味しさが違うか確かめたくて、ちょっと無駄遣いして高木シェフのホットケーキミックスを使ってみました。リッチに卵2個も入れるしマイウに違いない♪生の小麦粉は食べるとお腹を壊すと聞いたことがありますが、生地をなめてみると、芳醇でいて、ややチーズも混入しているらしく、焼き上がりが待ち遠しくなりました。

b0026385_10385651.jpg確かにふっくら、ケーキの様な焼き上がりで勿論美味しい!あんなに甘い生地だったのに、焼くとあら不思議、丁度良い甘さになります。卵2個にあの甘い生地のホットケーキを毎回罪悪感と共に食べるのであれば、私が配合した、ややパンっぽい甘さ控えめなものに、シロップ大目で食べた方が体にも優しいなぁ~と、これで気が済みました。

リコは夕方、子供のお料理アニメ味楽る!ミミカを見ているのですが、そこで蒸かしたカボチャ入りホットケーキを作っていて、ママと一緒に作りたいんだとさ。リコもこのアニメと丸福でホットケーキに目覚めた模様。今週末、主人はゴルフで居ないから、まっ、一緒に作ってあげようかな。

気分次第でね。ハロウィン、過ぎるけどさ。
[PR]
by shizuer | 2007-10-30 10:44 | 食&育児

おべんと

          週二回(火曜日と木曜日)のお弁当作り
b0026385_2134126.jpgb0026385_2141052.jpg


  




最初の頃はお肉やお野菜をバランス良く、と考えていましたが、最近ではどうしても好物ばかり入れてしまう。
b0026385_2171158.jpgb0026385_2172585.jpg







週に二回しかない訳だし、給食では「お野菜食べた~」と言っているし、朝と晩にキチンと食べていれば、楽しいお弁当の日くらいは好きなモノばかりでも良いのかな~なんて。
b0026385_2191041.jpgb0026385_2193019.jpg







帰ってくると、一目散にカバンからお弁当箱を出して、
「ママ~っ、今日もい~っぱい、ぜぇ~んぶ食べたでぇ~♪」
と見せてくれます。最近は「パスタ入れてぇ」と言う。パスタだと。生意気ぃ~。
ご飯は200グラム入れているのですが、ペロリ完食のリコ。朝晩小食なので、どぉやらお昼にまとめ食いの様子。木曜日のスイミングの日はお腹空くらしいので、見た目より量を重視!お友達と一緒に楽しくモリモリ食べる事は良いこと。

確か、幼稚園に入って間もない頃、ケイト君の給食を取ってケイト君が泣いたとか(苦笑)
先生によると、もっと食べたくてというより、ふざけてという事でしたが、男の子を泣かすなんて全くだ。はぁ~。

そんな無邪気なリコは男の子のお友達が多いそうです。オマセな女の子は「○○君が好き~」なんて言ってるのだろうか?リコはどぉやら、そういう性格ではなく、男の子と一緒に

「オッパッピ~♪」

とふざけ合っているのが楽しくて仕方がない様子。

私も神経質にならない程度に楽しんでお弁当作ろっと。

今日の遠足は雨で、月曜日に延期になってしまいました。月曜日は給食の日なのに、嫌だな~。給食費も勿体無いしさ。

と相変わらずケチなオチで今日はサヨナラ~
[PR]
by shizuer | 2007-10-26 21:34 | 食&育児

秋は・・・

b0026385_11315840.jpg
             芋栗南瓜以外に餡子ですよ!

冷凍してあった私作餡子に、お一人様分の白玉粉を練って、あんころ餅の完成です。
b0026385_1134274.jpg

お餅のノビノビ・ネバネバと違って、白玉独特のプル・ツルルン♪どちらも好きだけれど、こっちのがローカロリー?と信じて。(多分同じ)

ビミじゃぁぁぁ~
b0026385_11361215.jpg

         ごく時々、餡子をこんな風にして楽しんでいます。

でも、コウが起きると立ち食いさ。

どんな場合であっても、自分が食べたいモノを食べられると、笑顔も忘れないかも?

密かな野望は焼肉が食べたいという事です。
[PR]
by shizuer | 2007-10-23 11:40 |
b0026385_11593220.jpg
リコが掘って来たサツマイモを使って作った餡入りお焼き風。以前ハマった、たかこさん&みかさんの本より。

「本に載っている、みかさんのそれより形、キレイぢゃ~ん♪」

と思ってみたり。
バチ当り者、ここにアリ^^
b0026385_1233783.jpg

素焚糖というミネラル豊富でブラウンのお砂糖を使ったので、やや茶色っぽくなったサツマイモ餡。素焚糖によってサッパリとした甘さと、ほんのちょっとのバター風味でビミである。スイートポテト風お焼きとも言えるかも。

焼き芋や蒸かし芋は喉に詰るせいか、最近リコは食べようとしませんが、コレは滑らかな口当たりなのと、更に自分が掘って来たサツマイモだと思っているので、美味しいの連発で食べてました。

しかし、ダメですな。
リコもそうだった様に、コウは夜は一度寝ると2回しか起きずに良く寝るタイプ。秋の夜長を楽しむ意味でも、パン作りは夜すれば焦らずゆっくり落ち着いて作れるのは解っているのですが、それだと焼き上がった時間が遅く、その時間に食べてしまっては体に良くない、コブタまっしぐら~。でも、パンは焼き立てが一番!食べるのを我慢出来ないのは判っているのと、今回はリコのおやつにしたかったので、昨日の昼間、コウがお昼寝している間に作り始めました。昨日の昼間は特に眠りが浅く、ちょこちょこ起きる彼に付き合っていたら、予想通り捏ねから焼きまではスルーで終わらず、2次発酵は一時冷蔵庫に入れてストップ。リコをお迎えに行き、帰って来て子二人の入浴を終えてから発酵、焼き終えたのでした。試食タイムには丁度寝てくれたので、リコとゆっくり味わえ、達成感も味わいつつも、何だか疲れた。暫くの間、昼間はパン焼器にお任せするしかないのか、と思いました。

今も、ピ~っとニンジンブレッドが焼きあがりました。すりおろしニンジン入り。β-カロチンたっぷり!

このお焼き、ハロウィンまでにカボチャで試してみよっと♪
[PR]
by shizuer | 2007-10-18 12:31 | 食&育児

私へ。 オメデトウ

本日、私、誕生日です。
b0026385_1154041.jpg
Rちゃんから毎年届く素敵なカード。年々イラストの腕が上がっています。リコがカードを気に入ってしまって、我が物の様に宝箱?(単なるガラクタ入れ)にしまい込んでいました。

「あの~っ、ママが貰ったんですけど。。。」

この中で「リーちゃんが一番カワイイ♪」だってさ。よく言うよ(苦笑)
b0026385_11594585.jpg

ハーブティーとハチミツのセット。今日の夜は家事の合間にブレイクさせて頂きます。今から夜が楽しみ♪

”○○ちゃんが笑顔ならみんな幸せ♪今年もにこにこ楽しくね”
というカードの言葉。考えさせられました。
笑顔。勝手に忙しくやっていて忘れているかも。

今日から一日の目標は毎日笑顔に決まり!

なんにも要らないって釘を刺していたのに、主人はリコとショッピングセンターに行ってマザーズバック的な大きい布製バックをプレゼントしてくれました。

「リーちゃんがこの色選んだんだよ。で、柄はハワイっぽいのを僕が選んだんだ。ハワイに行った気分でさぁ~」

微妙な柄に苦笑しつつ、二人に「ありがとう!」と伝えました。
いつか4人でハワイに行ける事を夢見て、毎日妻・母としてのお仕事、頑張りますわ!ケーキもサンキューでした。

家族をはじめ、私なぞの誕生日を覚えていてくれ、お手紙やメールを送ってくれた友人に感謝。そしてありがとう!
[PR]
by shizuer | 2007-10-15 12:18 | 日記

芋 栗 そして 南瓜

            今年も作ってしまった、栗の渋皮煮
b0026385_1924950.jpg
出産当初は、「今年は無理だなぁ~、渋皮煮。」と思いました。
が、しかし自分が食べたいという一心で作る事を決意。しかも作らないと気が済まなかった。秋には絶対食べたい、作りたいものの一つ。至ってシンプルな作り方だけれど、手間と時間が掛かるのが、おもしろ苦労の逸品です。爆発したのは我が家で食し、美しく出来たものは瓶詰めして試食班の母に送るつもりです。去年と比べてどうよ?
b0026385_19293357.jpg

一昨日、リコが幼稚園でお芋堀りに行って来ました。私が「ママ、さつまいも大好きだから、沢山掘って来てね~」と頼んでおいたので、バスから降りて来るやいなや、
「ママっ!おっきいの取って来たでぇ~」と嬉しそうに見せてくれました。

ははっ、最近、超関西弁で困りモンですわ。
b0026385_19331615.jpg

早速、蒸かして頂くと、ホクホク甘くてビミであった。土付きのさつまいも。洗うのはやや面倒ですが、土の香りも秋を感じられて何より。でかしたぞよ、リコ。

ハロウィンも近い事だし、あとはカボチャを食したいもの。

今日は主人は沖縄に出張で帰って来ず。車があったので、コウとショッピングセンターに行くも、毎日5時起き、更に夜中2回は起きているので、日々眠い。眠さに負け、買い物もそこそこに退散。一日中眠くてダルイのは、休めば良いのに↑みたいな栗仕事をしたり、明日にすれば良い洗濯やら掃除をしてしまう性格もあるのだろう。一種の病気。馬鹿です。少ぉしだけグウタラ根性を出して、生活・育児にもっと余裕を持つように心がけようと思う今日この頃です。が、今もまたやりたい事が見つかってしまった。。。何でこう、色んな仕事や、やりたい事が湧き出るのだろう。

今日は絶対早く寝ようっと!
[PR]
by shizuer | 2007-10-12 19:53 |

力尽きたり

               10月7日は運動会でした
b0026385_11313441.jpg

好きなお菓子を選んで次の子にバトンタッチする競技。予行ではどれにしようか選んでいたリコですが、本番では瞬時に選びダッシュ!予想を反した行動でシャッターチャンスを逃し後ろ姿のみ。

「おぬし、ヤルなぁ~」
b0026385_1135375.jpg


年長さんから入場行進。「幼稚園生はカワイイなぁ~☆」。続いて年中さん、「あっ、やっぱり小さくて年長さんが大人に見えるねぇ」更に年少さんへと続くと、行進というよりお散歩状態でタラタラ歩いたり、横道に反れたりする子。「おぉ~超小さくって、まだまだ赤ちゃんの集いだわ」

幼稚園の運動会はカワイイの一言です。特に年少さんは、お遊戯でも踊る子も居れば、ただただボ~っと突っ立っている子、手をつながない子。玉入れをすれば、全く参加しない子や自分が投げた玉が顔面に当たって泣く子。↑の障害物をすれば、お菓子をずぅ~っと選んで考え込む子。

周りを気にする事なく個性が一番出る年頃で、見ていて本当に面白いです。それぞれどんな大人に成長していくんだろう?楽しみ。

年長さんは幼稚園児と言えども、年中・年少さんと比べると本当に大人に見えて、しっかりした演技を見せてくれました。感動モノです。

我がマンモス幼稚園は、当日は大混雑するので、予行でよく見て写真やビデオが撮れる様にという計らいで、予行にも親が行く事が出来ます。全くどっちが本番なのか???私は小さいコウが居るので行くのを一瞬ためらいましたが、やっぱり我が子の為にと何とか行って、コウが泣くのも気付かず撮影に没頭しました。親ってこういうものなのですね。そして、第二子は色々と連れまわされ強く逞しく育つ、か?コウにとっては迷惑な話です。

リコは私を発見すると、先生やお友達に「リーちゃんのママだよ、ほら♪」と嬉しそうに宣伝していました。幼稚園ではバスの送迎ではなく、ママ自身にお迎えに来てもらうのが優越感に浸れ誇らしいとの事。私は妊婦だったのと、コウが生まれたのとで、それはなかなか困難な話。そんな私が来たのが嬉しい様でした。

「いつもガミガミウルサイ私でもそんなに嬉しいのかぁ」

と、複雑な心境になりました。「今日は帰って来たらお話いっぱいして優しくしよう!」

と肝に命じたハズが、気付けば、相変わらずイタズラするリコをその日も怒っていたのでした。。。こ~んなのの繰り返しですわ。

運動会の予行と本番を終え、その翌日と昨日の午前中まで疲れを引きずっていた私は、やっぱり歳を感じたのでありました。

マッサージ行きたいよぉぉぉ~
[PR]
by shizuer | 2007-10-10 12:12 | 育児

朝マック

b0026385_19413053.jpg

わたし、凝り性でして。ホットケーキ病に侵されています。今朝は主人が出張の為に私も主人も5時前に起きると、同時に子二人も起きてしまい最悪。全く悪くない主人のせいにしてみたりして(ゴメンよ~)気持ち落ち着かせるのであった。しかも今日はリコがお弁当日の為、コウが愚図らぬうちにお弁当を作ったり、洗濯2回に掃除をしていたら、自分の朝食は食べられないままリコを見送る事となりました。あっ、そんな中でもバナナは食べたっけ。

しかぁし、私にはとある計画があったのでした。見送った後→そのまま歩いて銀行2軒ハシゴ(到着まで20分以上)→その間にコウが寝る→マックへ行く→ゆっくり朝マックのホットケーキを楽しむ

以上、下らない計画なんですが、こんなアホな計画が、計画通りに行くか行かないかという所が自分にとっては面白い賭けな訳で。

計画通り、銀行2軒回っている間にコウは寝てくれ、私は無事ホットケーキをアイスコーヒーとゆっくり味わう事が出来たのでした。めでたし、めでたし。

ホットケーキはまさにチンしたもので、この間の丸福コーヒーのモノとは雲泥の差。焼いた香ばしさは全くなくフニャフニャなのですが、シロップはボーナスサイズの大容量、ビタビタに滲みたそんな生地も私は好きだったりするのでした。ママ友二人にそんな状況をメールすると、それぞれから「羨ましい!」「私も食べたい」という回答が来ました。みんな結構好きだったりするんだ。子育て主婦が朝マック楽しむなんて出来そうで出来ないもんね。自分が食べたとしても子供には食べさせたくない(矛盾している)、金銭的に勿体ない、などなど。

考えてみれば、マックで朝、ホットケーキを頼んだのは10数年前に行ったイギリスが最後だったと思う。確か向こうはもっとビッグなサイズが2枚だったような気がしたけどな~。おぼろげな記憶です。

そんな頃から主人を知っているんだと思うと、「うわ~っ、長い付き合いだ
」と朝から色んな想い出が甦って来たのでありました。

行きは9時過ぎでハワイの様なカラっとした心地よい気候でしたが、帰りはたった1時間も経過していないのに、猛烈に蒸し暑く、坂が多い中、汗だくで帰宅。

「やっぱりハワイなんかじゃない、単なる大阪だ~。。。」

高カロリー摂取してしまったという罪悪感があったが、プラスマイナスゼロだろうと勝手に帳消しにしてみました。

無料コーヒー券使用で、モーニング230円也!
[PR]
by shizuer | 2007-10-04 20:17 | 食&育児
               丸福コーヒーのホットケーキ
b0026385_8293016.jpg

三食一定の時間に食事をしたいけれど、コウがそうもさせてくれるハズもなく。母乳のせいか私は異常にお腹が空き、いやしくも空腹には耐えられない体になっているので、特に昼食は時間を掛けずにパパっと食べられるパンや納豆ご飯ばかりになってしまいます。パンばかりでは飽きるので、最近はホットケーキを何枚か焼いておいて温めて食べる事にハマっています。贅沢を言えば焼き立てを食べたいのであるが、そこも我慢。我慢。我慢。

ホットケーキについて色々検索していたら、大阪にしかない丸福コーヒー(現在は秋葉原にも出店)のホットケーキが美味しいという情報を得て、自分が焼いたホットケーキではないものを味わいたくて仕方なくなり、毎日食べたい食べたいという気持ちが募っていきました。本店に行くのが一番良いとは思いますが、2人の子連れ。授乳室完備のショッピングセンターに入っている店舗に主人に無理を言って連れて行ってもらいました。無理というのは、主人は子供味覚でコーヒーは苦手、喫茶店のトースト等程度ではお腹が一杯にならないので、きっと心進まないだろうと私は思うのであった。喫茶店はゆっくり落ち着く場所であって、お腹一杯になろうと思う所が、そもそも間違いだと思うのであるが。そのあたりもリコと同じ子供感覚、な、気がする。

そんな意地悪を私は言うけれど、快く?(←まだ疑っている)連れて行ってくれました。

妊娠中もホットケーキにハマっていた時期があって、ずっと食べでみたいと思い続けていたホットケーキだけに、バターとメープルシロップが染み込んだそのホットケーキは心底美味しいと心の中で絶叫しました。リコは以前、私が作ったホットケーキは殆ど食べなかったので、今回も要らないと言うに決まっている、「私の独り占めじゃぁ♪」と喜んだのも束の間、一口食べるとニヤっとして、「もっと食べる~♪」と、その半分をぶん取られてしまったのでした。子供のクセに美味しいって解るんだ。。。
b0026385_8545189.jpg

もひとつ、絶品という噂のチーズトースト。なんでも、プロセスチーズを裏ごしし、卵黄を加え、調味料を加え、練りこんで仕込んで焼いているとか。パンもフワフワでビミであった。

にしても我が家にとって単なる喫茶で2千円以上の出費とは高価である。という訳で主人には「今月15日の私の誕生日の前倒し祝いって事で」とお祝い&プレゼントの代わりにして貰いました。自分で自分の誕生日祝いにって言うのも何だか変だけれど、そうも言っていられない、生活第一主義。

”リコがグラスを倒すんじゃないか?”とか、”コウが起きるんじゃないか?”と色々考えると、ゆっくり・リラックスタイムからは程遠いものでしたが、私にとっては至福の時間。また一週間頑張ろう!という気持ちにさせてくれました。

主人よ、妻のワガママに付き合ってくれて、ありがとう!

と、ココだけでお礼を言っておこう。
[PR]
by shizuer | 2007-10-01 09:29 |