育児と育自と時々の美味しいもの☆


by shizuer
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

刺激

b0026385_10381558.jpg

9月は連休が2回ありました。みなさんはどの様に過ごされたでしょうか?我が家は先々週はお宮参り、先週は来客が2組ありました。といっても、そのうち1組は私の父母。母はこの間、手伝いに来ていたので1ヶ月半しか経っていませんが、母もそうですが、父は私がツワリの頃にしか会っていなく、ゆえに私の妊婦腹も見ていないので、コウが生まれたと聞いても想像でしかなく、なかなか実感が湧かない様子だという事でした。新生児からの数ヶ月の小さい頃はアッという間に過ぎてしまい、今、この時期を見ておかないと後悔するという事で、コウのみならずリコに会うのも楽しみにやって来ました。去年のリコの七五三の時に東京から夜行バスで来て、思いの他、快適で小旅行気分を味わえたらしく、今回も金曜日の夜中に東京発、大阪には朝の8時に到着するというプランでした。が、以前のバス停と同じかと思って、そこでずっと待っていたらバスがなかなか来ない。「変だ?」と思った時には既に遅く、バス停が変わっていて、出発時刻を過ぎてしまい、「乗り遅れた!」と大阪行きを諦めかけたところ、そのバスが運良く?車両故障で出発が30分も遅れていたので、「結局乗れたんだ~♪」というような話を父は嬉しそうに語っていました。そりゃ良かったけどさ、バス停を確認しないで元々間違えていたのは完全にボケてるじゃんと私は思いました。また、連休だった為に渋滞したらしく、到着時刻が1時間50分も遅れました。その間、連絡も無く(バスの中で携帯を使ったら非常識だと思ったらしい)、朝5時から起きて来るのを楽しみに待っているリコに総計100回近くも「おじぃじとおばぁばは?」と聞かれ、心配していた私も何度電話してもつながらないしで、何だか最後にはにはイラついて来ました。ま、その後、無事に我が家に到着し、団欒したり回転寿司を食べに行ったり、公園に行ったりアイスを食べに行ったりと、リコは相当楽しんだ様子でした。父もコウを初めて見て「リコに似ているねぇ~、リコが赤ちゃんの時を思い出すなぁ」と言っていました。リコの関西弁にも驚いたりしていました。

まだ仕事をしている父なので、翌日の夕方には母と共に帰ってゆきました。勿論帰りは新幹線で。我が家に着いた早々、朝からビールを飲んでいた父。

「今回は旅行だからな♪」

あの歳でも毎日忙しそうに働いています。この旅行?で少しはリラックス出来たであろうか?はたまたリコ相手で疲れたか?父母の後ろ姿を見送りつつ「いつまでも元気で仲良くね~」と思いました。

翌日は私の中学からのお友達が結婚式で京都に来ていたらしく、ちょっとの合間を作って、私達家族に会いに来てくれました。彼女は私より3年早く結婚している働く主婦でしたが(憧れる素敵なキャリアウーマン)、一念発起して三年前から卒業した大学の大学院で法科を学びなおし、今秋見事に、弁護士の資格を取ったのであります!私はその知らせを聞いて尊敬の念でゾクっとしました。才女だとは思っていましたが、私が思う以上に才女&秀才だったのだ、と。といっても、この3年間、私が想像する以上に努力して来たに違いありません。この11月から10ヶ月の弁護士としてのノウハウを学び、晴れて来年の冬からいよいよ弁護士として働けるのだとか。私は応援する事しか出来ませんが、本当に頑張って欲しいと思いました。

嵐の様に来て嵐の様に去って行ったKちゃん。我が家の事も配慮しての時間配分なんだと分析する主人。そこも頭の良さを感じると。うんうん、なるほど、うなずけマス。

そんな彼女を見ていたり、TVや雑誌で働くカッコ良い女性を見ると「自分は一体世の中に対して何をしているんだか?」と疑問に感じ、自分が小さく見えて情けなくさえ感じる事があります。が、そういった人達から良い刺激を受け、私も自分でしか出来ない事に頑張ろうかと気持ち一新している次第でございます。

リコやコウを健康で元気に育てる事だろうか?主人とも変わらず仲良くやって行きたいな。いや、行かねば(笑)

彼女は毎年私にお誕生日プレゼントを贈ってくれるのですが、今回は少し早いけどと(私のBDは10月)↑ロクシタンのハンドクリームとシアーバターを頂きました。私、主婦になり、特に子供が生まれてからは、冬になると指先がガサガサになってしまうので、もう本当に有り難いプレゼントです。「子供二人を産んだんだもの、あとは美しくなるのみだよ!」と仲良しのママ友が私に言ったのを思い出しました。「うん、そうだ!」

Kちゃんが携帯メールで「言い忘れたけど○○ちゃん(←私)の髪型、似合っていて素敵だったわ」という言葉は私を妙にウキウキさせてくれました。

”豚もオダテりゃ木に登る~♪”という言葉が頭をグルグル駆け巡りました。他の人からも、今の髪型(ボブスタイル)は好評です。主人には「レゴっぽい頭だ」と言われていますが、今までで一番良いってさ。

大阪、今日も暑いな。。。
[PR]
by shizuer | 2007-09-25 13:41 | 日記

お宮参り

b0026385_2034429.jpg主人が赤ちゃんの時に着た着物を身にまとうコウ。

一般的には、男の子では生後31、32日目、女の子では32、33日目がよいとされている様ですが、夏生まれな上に、今年のこの異常な暑さと新生児湿疹でブツブツだったので、生後2ヶ月直前の昨日、お宮参りに行って来ました。リコの時は出産直後に転勤騒動があった為、引越しが落ち着いてから、やはり2ヶ月が経過した頃、主人が実家にGW中に戻り両家で執り行いました。今回はそれぞれの実家は遠いので、家族4人で写真館で写真を撮り、リコの七五三や安産祈願をした大阪天満宮で祈祷してもらいました。

赤ちゃんの写真撮影は愚図って泣いたり、授乳で中断したりするので2時間くらい掛かるかもと言われていましたが、コウが思いの他、カメラ目線でジッとしていてくれたり、リコの強引なあやし方で泣き止んだり、また写真館の方が赤ちゃんのあやし方が上手いのと、私達夫婦も二人目で子供の扱いに余裕が出来て要領良くこなせた結果、驚くほどスムーズに終わりました。祈祷中も泣く事もなくバッチリ!

気になる所と言えば、写真は子供達二人の写りはとても良いものの、私も主人も子供達が気になって、特に私が不自然な笑顔で顔色も悪く不気味「ブルー系のアイシャドウでしくじっちまった!」と気持ちまでもブルーになってしまいました。ま、主役は子供だけど、さ~。

また、後ろ開きのワンピースで授乳も難しいので、終わったと同時に一目散に帰って来たので、スナップはたったの2枚のみ。優雅な食事タイムどころではなく、○リジン弁当を何とか買って、お昼をだいぶ過ぎていたのでお腹が空きまくり、3人でワシワシ食べました。それでも、リコは「おべんと、オイシイねぇ♪」と言って喜んでいました。

二人目は愛情に差はないものの、一人目と同等にするのは環境の違いなど色んな意味でなかなか難しいものだと実感しました。リコのお喰い初めは私が大阪に越して来て1週間経たない時だったので、尾頭付きのお魚は鯛でなくシシャモでした(ひゃ~っ)10月の終わりのコウのお喰い初めは、何とか自分で鯛でも焼いてみようかと、今からシュミレーションしています。鯛、自分で買うのも調理するのも初めてなのですが、ダイジョブでしょうかぁ?

b0026385_21281690.jpgと、それより、当日、近所のスーパーで鯛が手に入るか不明。。。

今日で出産2ヶ月とはっ!いやはや、アっという間の高速走行でした。

             リコが着たセレモニードレスも着れて経済的でした↑
[PR]
by shizuer | 2007-09-16 21:23 | 育児

おからde

b0026385_1752252.jpg

            おからとさつまいものパウンドケーキ
b0026385_175338100.jpg

我が家行きつけのスーパーのフリーペーパーに出ていたレシピより。「しっとりした口当たり、おいもがカリっ」というキャッチフレーズに惹かれ、主人が居る土日の子供達が寝ている隙に出産後、お初のお菓子作り♪

”健康・ヘルシー”という言葉が大好きな私と、それとは逆に、その言葉に全く興味関心を示さないというか、どぉ見てもその言葉を避けて生活している主人も、どちらも美味しく頂けるパウンドケーキでした。おからが入っていてパサパサ・ボソボソしそうな気がしましたがシットリ!お芋が秋を感じます。甘さは控えめで作りましたがお芋の甘さを感じます。

授乳中という事もあり、またこの数年で無知だった食事の採り方も考える様になったのは成長したからか、はたまた味覚も歳をとったせいであろうか?

お豆腐屋さんで買ったおからは500gくらい入って80円!このケーキを作る以外に常備菜で卯の花も作りました。薄口醤油が切れていたので関東風で色が濃く出来上がったので写真ナシ。最近大人味覚なリコも好きらしく良かった。(甘いお菓子がNGになった。ビックリ!)おからは冷凍保存出来るので、ちょくちょく解凍しておから料理を作り、お通じの改善を図ろうと思います。

と、オチはお通じ。すんません^^

明日から幼稚園のお弁当作り開始。コウをギャーギャー泣かせつつ作るのであろうか?近所迷惑にならぬ様、またバスに乗り遅れない様に気をつけなければ!今朝の夢にまでみたくらい。(お弁当を作り忘れたという話だった)相当なプレッシャーでぇす。
[PR]
by shizuer | 2007-09-03 18:52 | 食&育児