育児と育自と時々の美味しいもの☆


by shizuer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

一ヶ月検診終了

b0026385_2032439.jpg

                コウにチューするリコ

赤ちゃん返りもせず、色々手伝ってくれて?助かる部分も多々。でも加減を知らないので気付くと、お鼻を拭いてあげようとしてゴシゴシしてたり、顔の湿疹をいじって潰そうとしてたり、無理矢理抱っこしようとしていたり。。。目が離せないリコです。リコ自身の時は床にマットやタオルを敷いてゴロンとさせていられましたが、今回はそうも行きません。リコが全力疾走で走って行ったり、周りでジャンプしたり。怖くて仕方が無いです。

しかし、私自身、二人目の為、せざるをえないと申しましょうか、リコのお世話をしていて、泣いていてもどうしようもない時が多々あり、気が付くと目の周りに涙を流しつつ寝ていたりする事が度々あります。仕方ないけど可哀相だなぁと罪悪感を感じつつ、これは二人目の宿命さ、と思ったりするのであった。

という訳で、幸運にもリコの夏季保育(慣らし保育)が今週から始まり、まだまだ慣れぬ二人目育児で朝からドタバタ生活。夜は二回の授乳にも関わらず、意外に寝不足を感じないのは、気が張っているからか、はたまた二人目の余裕か?

人気?で混んでいる病院の為に、一ヶ月検診と行っても5週間と3日経っていますが、月曜日は私の一ヶ月検診、そして今日がコウの検診日でした。どちらも異常ナシ!強いて言えば、私が出るモノが出ない(失礼!)。というのは、母乳の為、そして夏の暑さの為、体の水分がどうしても減るためだと先生の説明。母乳に影響無い、妊娠中にも何度か処方された薬を貰いました。が、著しく治る訳でもなく。もよおしても、どちらかの子のお世話によって、行きたい時に行けないのも理由の一つだと思います。よくテレビで宣伝している植物性乳酸菌を今も飲んでみたりと色々努力している次第でございます。何か良い改善方法があったら教えてくださぁい!

今までの話で引っ張ってしまいましたが、コウの成長にはビックリ!予定日より13日遅く生まれたという理由もあったのか3.308gと大きかった。そして38日後の今日で5.580g。ナント、2.272gも大きくなっており、身長も4cmも伸びていました。リコと比べると、3ヶ月検診時(2ヶ月23日)の時より82gも大きい。恐るべし!

「こんなに大きくなって大丈夫でしょうか?」と心配して聞く私に「お母さんの母乳も良く出て、はたまた、坊ちゃんも良く飲むのでしょう。良いこと、良いこと!」とおっしゃいましたが。「坊ちゃんに吸い取られているので、お母さんが良く食べる様に」と言われました。恐ろしいのは私の母乳の栄養か?

主人にメールすると、
「将来三桁の体重になる事、確定だね~」

それは誰似だっ?

今の主人は横に大きくなってしまいましたが(まだ三桁ではない)赤ちゃんの時は未熟児で生まれたそうで、小さい時は食が細かったとか。そう考えると、「今大きくても、太るとは限らないぞ」といい様に考えてみたりしています^^

息子がデブなんてイヤだ!

リコの幼稚園のバス停仲間のママさんがみんなで出産お祝いに、紙オムツ(ダンボール入り大容量)と、おしり拭き(これも大容量)をくれました。4月からのお付き合いなのに、お心遣いに感謝すると同時に、品物のセレクトがスゴイ!と思いました。超実用的。

我が主人も感激すると同時に「家計が助かる」と呟いていました。
[PR]
by shizuer | 2007-08-30 20:47 | 育児

お土産

b0026385_10304731.jpg

産褥期に幼稚園に行かせるのは何かと大変なので、夏休み中の出産はグッドタイミングだと思うし、みんなにもそういわれますが、(9月出産のママにも羨ましがられた)リコはコウのお世話もしてくれて助かる部分も多少ありながらも、幼稚園が無いだけにヒマで体力を持て余し、今の私は家の中に居るしかないので、その相手に本当に疲れてしまいます。しかも、私も二人の育児にまだまだ慣れていないので、日中は振り回されっ放し。お盆休み中でも主人は仕事だしぃ~。しかも貴重な土曜日はゴルフっ!?

もぉ~!!!(私とリコの心の叫び)

b0026385_10391174.jpg

だから気を遣ってか、美味しい卵をお土産に持って帰ってきました。と思ったら、これはお客さんに貰ったとか。。。でも、他に椎茸やトマト、瓶入り牛乳などポケットマネー?で、主人なりの厳選お土産を抱えて帰って来ました。ゴルフ場や高速のサービスエリアって、地元の色々な産物がお土産として売られているんですよね。家族の為にというのが一番でしょうが、お土産を買わずにはいられない性格でもある事は私は知っている。ポケットマネーからと言っても、私もやっぱり心が引けるので(弱みを握られた?感じ?)結局、食材=家計から払う事になるの訳で、出張の時など「今回はお土産は要らないよ~」と毎回言うが。でも結局、絶対に嬉しそうに買って来る。こりゃ、ある意味病気だ。

気持ちだけで有り難いんだけどな。

という訳で、貴重な卵なので、卵かけご飯にして頂きました。
(今の私にはこんな食事が一番贅沢であり、食事時間短縮の為にもグッド)

濃厚で、美味しかった、気が、した。

美味しかったです。ゴチでした。

b0026385_10483855.jpg母が買い置きしていったカリフラワー。ブロッコリーばかり買うので、どう食べてよいやら。マヨネーズにカレー粉、ゆで卵を加えて、アボカドと和えて頂きました。これ、おいしっ♪

ゲっ、泣き出した。今から沐浴で~す。
[PR]
by shizuer | 2007-08-15 10:48 | 食&育児

出産後記

主人と私の実家は両方関東で遠く離れているので、出産後に両方の母に交互にお手伝いに来てもらう事になっていました。私が入院中は主人の母、退院前後に私の母とトレード。退院後2週間で、今朝、私の母も帰ってゆきました。今日から平日は私一人で二人の子の育児開始です。

この3週間、どちらのばぁばにも心を許して甘えて暮らしていたリコ。二人の母がトレードする時も、「主人の母が帰ってしまう時は泣くに違いない」、と恐れていました。が、私が思うに、一人が去ったけど、アっ、また一人来た♪という感覚なのか安心したリコは、動揺する事も無くお別れ出来たと聞いて、薄情だと呆れつつもホッとしていました。しくじった事に、昨日チラっと「明日、ばぁばは新幹線乗って帰るけれど、リーちゃんも一緒に東京行くぅ?」と聞いてみると、「行く行く!じぃじに会いに行く!」とずっと言うので、今日のお別れは今度こそギャーギャー泣くかと覚悟していました。玄関でバイバイしただけだと、直ぐに帰って来ると勘違いすると面倒なので、帰ってしまったと理解させる為にバス停まで見送りに行きました。直前まで一緒にバスに乗ると言っていたリコですが、いざ私の母がバスに乗ってドアが閉まると、ジャンプしながら手を振る始末。意外にあっけらかんと、ひょうひょうとしていてビックリ、唖然。随分あっさりしている。。。何なんだ、この娘。しかしながら、一時間に3回位は「ばぁばは?」と聞いてくるので、私は「お正月に会いに行こうね!」というセリフを何回言ったことか?私もおじいちゃんやおばあちゃんは大好きだったので、リコもそうなのであろうと理解している。心配なのは、二人の母がリコのお世話によって体調を崩さないかという事。2~3歳児の面倒見は本当に疲れる。

世の中、子供を出産している人は、私の母を含め数えられない程沢山いるので、私もリコを産んで、そして今回二人目の出産ではあるけれど、世の中で特別スゴイ事をした訳ではない。でも、やっぱり自分の人生の中では一番スゴイ事をしたという感覚があります。特に今回は出産直前まで大阪で家族三人で力を合わせて生活して来た訳で、産むまでは家族の中でも自分が一番家族の為に動き、自分や家族の健康管理など、全てを計算して過ごして来たかの様に勘違いしている部分がありました。しかし、出産予定日を大幅に超過し、それでなくても周りの友達にも色々気を遣って貰ったり、予定日超過で焦る私を心配させない様に振舞ってくれていた主人の母、忙しい仕事の合間に毎日病院に来てくれた主人、なかなか産気付かずに入院した娘を心配して、居たたまれず予定より早く大阪に来ようとした母、危険にならない限り普通分娩したいという私の気持ちを十分に考慮して最善な方法を考えてくれたお医者様、急に産気付いて電話も掛けられず飛び入り分娩の私に優しく接してくれ、無事ベビーを出産させてくれた助産師さんや看護師さん、毎日の回診、日中深夜のベビーのお世話をしてくれた多くのスタッフの方々。また、今回は大阪入りは出来なかったけれども影から色々心配して、また応援してくれた二人の父や、私や主人の兄弟、リコ、そしてこのブログで出会ったお友達。

出産して、ホルモンの急変化で一人勝手に感極まっているのかも知れませんが、私一人が大変な思いをして達成した出産ではなく、私の周りの人、みんなに支えられて出来た、極めて素晴らしい事だったのだと、二人の母が去った今、リコの声やベビーの鳴き声だけになった部屋で改めて感じ、涙がこぼれてきました。

毎日特別変わった事もなく、本当に平凡な毎日ではありますが、これが私にとってはこの上なく幸せな事なのだと実感しています。

三人生活初日の今日は、二人の子供のお世話に振り回され、お昼もろくに食べられず奮闘し。。。今さっき、主人の母が置いていってくれた、ちりめんじゃこや、私の母が作ってくれた野菜スープを一口一口味わいながら頂きました。

今しばらく暑い日が続きそう。また明日から二人の子供に泣いたり笑ったり怒ったりの毎日でしょうが、今の気持ちを忘れず暮らして行きたいと思います。

様々な人に感謝!

追伸☆ ベビーの名前はコウに決まりました。
[PR]
by shizuer | 2007-08-10 18:53 | 日記