育児と育自と時々の美味しいもの☆


by shizuer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

母子宴会@10月

b0026385_20543510.jpg

恒例の宴会が火曜日に行われました。今回の私の担当はデザート。ハロウィン間近という事で”カボチャのお化けパイ”を作ってみました。子供も食べるというのにラム酒ドボのシナモン効きまくり。怖いカボチャの顔を見て、子供達は怖がるかと作った後に心配になりましたが、子供のみならず大人にも好評で、みんな美味しい美味しいと言ってくれてホッ。何てったって、パンプキンパイ作ったのは今回初めて、ぶっつけ本番味見無し。気付いてない様だったけれど毒見同様です。ホホホっ
b0026385_215624.jpgどの家の旦那さんも帰宅が遅い様で、夕食は食べたり食べなかったり。「平日は手が込んだお料理なんて作ってられないよねぇ~、全く」と暴言を吐いている私達悪妻でありますが、この会では一生懸命美味しいモノを作れば、それなりの評価を貰えるので、知らず知らずにそれぞれが頑張ってしまいます。「美味しい!」という言葉で主婦は頑張れるんです。まさに『豚もオダテりゃ木に登る』ですよ。夫婦お互いに適度にオダテ合えば上手く行くかしら?

子供も大人も楽しみな月1のパーティです。次回予定はクリスマスと忘年会を兼ねて12月5日に決定。次回担当はメインメニュー2品で、かなりブルーですが待ち遠しいです。
b0026385_2185388.jpg

今日は子連れ3組で京都清水寺へ。お天気もとても良くて、最高の行楽日和でした。生八橋の試食のし過ぎでお腹ポンポコの子供3人、清水の舞台を眺めるの図。
[PR]
by shizuer | 2006-10-27 21:26 | 食&育児

栗、その後

b0026385_1935168.jpg
学生の頃は気が向いた時にお皿を洗う程度でマニキュアも一週間は軽く持って、手の甲もスベスベ、意外に美しい手の持ち主でした(完全に妄想です)。しかし、働くようになってお茶出しの為に少々水仕事が増えた頃から秋から春先までは手が乾燥する様になりました。そして、やはり子供が生まれると極端に水に接する為、あの美しい手はどこへやらです。はぁ~っ。。。

去年、栗の渋皮煮を作ったのがキッカケで、手荒れが最悪になり、「疲れるし、手はボロボロになるし、もう絶対に作るまい」と肝に命じました。しか~し、あそこで艶々の美しい渋皮煮を見てからというもの、去年の痛手は忘れ、作りたい、そして食べたい気持ちで一杯になりました。

30数個の約1キロの栗を3日間ががりでやっつけました。律儀に湯で溢す度に栗の筋を綺麗に掃除し過ぎて渋皮の艶が失われてしまい、80点行くか行かないかでしょうか?昨年はブランデーバージョンとラム酒バージョンを作りましたが、ブランデーの方が好評だったので、今年はブランデーのみ。

主人が「何やってるのぉ?」と、しげしげと観察していました。「あの栗、どぉなった?」と気になる様で毎日質問。答えるのが面倒でした。だってさっ、去年も見てるし食べてるのに、何でこう直ぐに忘れるのよ?ムカっ

さて、やっと出来上がって、破けて壊れたB級栗を試食した主人は、大きな目を更に大きくして、「コレ、ウマイじゃん!」と叫んでました。

「おいしい」という言葉、嬉しいものですよね。疲れも吹っ飛びます。
[PR]
by shizuer | 2006-10-23 19:58 |

はぁ~。栗仕事

b0026385_211338.jpg

二歳児ともあろう子供が夕方六時まで公園で遊んでいます。帰る時はもう真っ暗で、子供の見分けもつきません。しかも最近はどの子もお昼寝しない日すらあります。恐るべし二歳児!「コチラの方が眠くなる」とママ達はブーイング。朝晩二回、それぞれ2時間の公園遊びですよぉ。夕方はどんぐり拾いにハマっています。ママが木を足で蹴ってどんぐりを落とし、子供達は拾う。木を足で蹴るのを真似するので、「これは止めた方が良いね」と話しています。でも手で揺さぶっても落ちて来ないんです。手は痛いし。育児たぁ、体力勝負。ママ、ボロボロです。

と、日中は遊び疲れる様で、やはり子供、ママ達の苦労の甲斐あって夜は早く寝ます。さぁ、ここからは自分時間です。秋の夜なべ=栗剥きスタート!終わった後の疲労感は富士山を登り切った時の清々しさと似ているかなぁと、少し大げさか?主人よ、今日は早く帰って来ない事を望む(←悪妻)

今から何時間後に終わるだろう。今年も安くて立派な栗が手に入りラッキー、ラッキー。
[PR]
by shizuer | 2006-10-20 21:17 |
b0026385_21224976.jpgいやはや、ご無沙汰しておりました。10月15日にはワタクシごとですが1つ歳を重ねまして、最もこの歳ともなりますと誕生日はあまり嬉しくございませんが、まっ、一年大病もする事なく過ごせた事に感謝感激しております、はい。中学の友人からは当日ピッタリに↑私のイニシャル入りのハンカチが届いたり、はたまたバースデーメールが届いたりと、心温まる出来事に涙が溢れるばかりです。(ちなみに主人からのプレゼントは缶ビールとコンビニで売っている牛タンハムです。コレってどうよ?)

二年前、我が家の転勤が決まると、私達夫婦の友人一同は口を揃えて「そのうち遊びに行くよ」と言いました。社交辞令だと解りつつもその言葉は私達にとってとても有り難いものでした。が。。。来るわ来るわ、本当にみなさん、こんな遠いところまで、入れ替わり立ち代わり、今まで一体何人いらっしゃった事でしょう。近い様で遠い東京~大阪間。新幹線や飛行機ではバビュ~ンですが、やっぱり交通費は打撃。それが一つの原因で私達は帰省を自粛しているというのに、そういったデメリットがありながら、しかも子持ち世帯にわざわざ遊びに来てくれる友人達には感謝しようがありません。

先週土曜日の夜、仕事が終わって東京を出発した私の高校時代の友人Kが遂に大阪に上陸しました。到着日は既にリコが寝ていた事もあり、主人を含め三人でたこ焼きをつまみながらトーキング。Kと主人は結婚式に初めて会って、最後に会ったのは私がリコを出産した産院で約30分顔を合わせた程度。主人もKがどんな娘か、この日を楽しみにしていました。

翌日は神戸の異人館や中華街をウロつき、大阪市内をドライブ、夕食は王道、大阪お好み焼きを食べに行きました。彼女が来てくれた事によって私にとっても素敵な楽しい誕生日を過ごす事ができ、また主人も気さくな彼女に高感度◎。「楽しくて面白くて良い子(女性)だね」と言っていました。私が褒められた訳ではないけれど、なんだかもの凄く嬉しかった。

しかし、最もKを気に入ってしまったのはリコでした。面倒見が良くて一緒に遊んでくれて、一緒に豚饅やお好み焼食べて優しいおねえさん。
b0026385_21355718.jpg
3日目の朝、新大阪で彼女が新幹線の改札に入って行った時には笑ってバイバイしていたリコですが、入って行ってしまったっきり帰って来ないとふと解った瞬間に、私の手を引いて改札に入ろうとしました。「ママは切符持ってないしダメだよ、また会えるよ」。しかし、「おねぇちゃぁぁぁ~ん」と、おぃおぃおぃおぃ改札のド真ん中で泣き叫ぶ。約5分泣き続けた後、見兼ねて私が担いで何とかその場を退散しました。よっぽどおねぇちゃんが大好きになってしまったんだね、リコさん。電車の中で「また遊んで貰おうね!」と言うと、泣き止んだリコは「うん!」とうなずいていました。
b0026385_21434245.jpgb0026385_21435499.jpg






その日の夜、Kがお土産でくれた可愛いクッキーを一緒に食べました。プレゼントの絵本は「おねぇちゃん、ありがとぉ♪」と何度も何度も言いながら嬉しそうにリコの愛読書になっています。
b0026385_2145191.jpg

[PR]
by shizuer | 2006-10-17 21:53 | 日記

Non発酵のパン

b0026385_1437399.jpg

更新久々です。どういう訳か最近主人の帰宅が早く、ゆえに夕食も要る。食べ終わると私の?パソコンを独占して何やら調べ込む毎日。お金が掛からなくて健康的な趣味を見出そうと格闘しているのだとか。という訳で、私の唯一の夜の一人時間を存分に楽しめない日が続いています。最近まで、あんなに帰りが遅かったのに、窓際族にでもなってしまったのかと、ふと不安になってみたりもしました。

さて、先週の土曜日に形だけ?の幼稚園の面接&健康診断も無事終了し、入園許可証も得て、まぁ何とか来年から幼稚園児になる事が出来そうです。面接は親だけで、子供は幼稚園の先生と1対1で10分程度一緒に遊び、どういう感じの子かを見るという方法でした。後ろで控えているベテランの先生が鋭い目でその様子を観察し、こと細かにチェックしているようでした。リコは最初、私達と離れるのをイヤがっていましたが、感じの良い優しい先生に誘われてブロックコーナーへ移動していきました。その間に私は面接。主人はその両方の様子を端から見ていました。面接は簡単に終わり私と主人がリコの様子を見ていると、最初楽しく遊んでいたものの、絵本コーナーへと誘われると、まだブロックがしたかったのと眠かった?様で、いきなり泣き出しました。先生が二人掛りで絵本を読んでくれようが何をしようがダメ。ベテランの先生が出てきてあやすと、何さとばかりに更に機嫌が悪くなり、三人の先生もお手上げ、そこで終了。。。主人は「周りの子はみんな楽しそうに遊んでいるのに、泣いているのはウチだけだ。恥ずかしいなぁ~。マジで落とされるかも」とブツブツブツブツ言っていました。私は恥ずかしいというより、しみじみ「頑固者だなぁ」と思いました。一体誰に似たんだ?

主人は土日以外のリコの様子、お友達との接し方を知らないので、こういう機会があって父親的に良かったと思いました。ドキドキ・ヒヤリの幼稚園選び紛争もこれでひとまず終了し、ホッとひと安心です。

ちょっと前に買った奥様雑誌の付録「発酵要らずの手作りパン」をパラパラと眺めていました。強力粉とイーストを使わず、小麦粉とベーキングパウダーで作るというレシピを見た瞬間に、フワフワのパンにはならないと直感しましたが、実験してみたくなる。

直感は的中し水分が多くてズッシリとしたパンが焼き上がりました。粉を混ぜてから焼きあがるまで30分もあったら楽勝です。コロコロとちょっとゴツイところがカワイイ。食べてみたところ、周りがサクサクで中がシットリのスコーンの様でした。バターやジャム、クリームを塗って食べたら意外にリッチな味わいになりそうです。生地には大さじ1杯のサラダ油しか使用しないので、タップリバターやクリームを塗っても気持ち安心。スコーンを作る時のバターの量。あの時の罪悪感と言ったら。。。美味しいモノ=高カロリー。毎日摂取は良くないけれど、時々なら体も許してくれるだろうか?

今週は昨日の休みで一日少ない分、毎日予定が詰っていて、更に週末には東京から私のお友達が遊びにやってくるので、更新もコメントも、そして訪問もカメカメペースになりそうです。皆様にはコメントやTBを沢山寄せて頂いているのに、いつもいつもかたじけないです。(感謝)
[PR]
by shizuer | 2006-10-10 15:36 | 食&育児
b0026385_1428741.jpg勝利のV!

皆さん、暫しご無沙汰しておりました。幼稚園騒動、結論から申しまして第一希望の所に行ける事になりました。幸運な事に、応募人数が定員ギリギリだった為に無抽選。ツイていない我が家にとっては今年一番のラッキーな出来事でした。
b0026385_14352090.jpg

この辺の地域の願書提出は一斉に10月1日です。我が家が選んだ幼稚園はマンモス幼稚園で募集人数が多いながらも、兄弟枠や地域優先枠、プレスクール枠で殆ど埋まってしまうのと、それに加えて人気?がある為、9月末に事前登録をし、どれだけ応募があるのかを幼稚園側が一度集計し、先週末の金曜日の夕方6時にHPで抽選をするかしないかを発表するといった方法でした。もし、そこで抽選になれば、10月1日の夕方5時に応募者が集められ、その場て抽選。あからさまに当落が皆にバレバレになってしまうイヤ~な方法でした。この方法になるまでは、先着順だった為に、2~3日前から並ばなくてはいけなかったそうです。それらが免れ、行きたい人がみんな一緒に幼稚園に通える事になって本当に良かったです。

夕方6時のHPを見るまで生きた心地がせず(←大げさ)この一ヶ月で何だか随分歳老いた気分です。幼稚園見学から始まって、最終的にどこに絞るか、そして今回決まるまで本当に長い道のりでした。我が家が幼稚園選考にあたって一番重視した点は、担任の先生が通年2人就くというところでした。リコは早生まれ。4月に生まれたお友達より出来ない事がやはり多い。大人になったら女性は特に早生まれは嬉しい事ですが、小さい時は色々と響きますね。給食が3日のお弁当2日。欲を言えばオール給食だったら私的には最高に有り難かったです。お弁当かぁ~、楽しんで作ってみるとするかな。

同じ幼稚園を目指していたママ友同士、6時の発表以降、お祝いメールの交換でお互い大忙し。指が疲れました。私もそうですが、旦那さんの帰りが遅いお宅のママはそれぞれ一人で祝杯を挙げていたそうです(笑)

私はお祝いチーズケーキを焼きました。カッテージチーズを使ったカロリーオフのスフレチーズケーキ。天板にお湯を張って一時間かけて焼きます。シットリとしてエア・イン。濃厚なベイクド・チーズケーキも大好きですが、軽いので食べ易くオススメです。ローカロリーという所がダイエット中の主人も少し安心して食べられた様でした。(現在甘いものは週末のみ)

人間の気分って不思議です。悶々としている時はケーキなんて全く作る気もしなかったのに。

あっ、でも今週土曜日に面接&健康診断があります。それを突破しないと確実には行ける保証が無いんです。リコよ、どにかクリアしてくれぇい!

↓、コメント本当にありがとうございます。もうすぐお昼寝から起きそうなので、順次お返事させて頂きます☆
[PR]
by shizuer | 2006-10-02 15:21 | 食&育児