育児と育自と時々の美味しいもの☆


by shizuer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

雑巾

b0026385_22341738.jpg

昼間の自分時間=リコのお昼寝の間の僅か1時間ちょっと。最近は短くなってしまったので、寝入ったのを確認すると同時に、起きている時には邪魔されて出来ない家事を目にも止まらぬ?速さでこなしていきます。朝洗濯して干した物を取り込んでたたんで、それぞれのチェストにしまい、主人のワイシャツ・ハンカチのアイロンかけ。それが終わると、夕食の準備。まで出来れば良い方でしょうか。その前後で終了のホイッスル。まだ日が長いので、近所の大きい公園に夕方5時半に出没し、7時近くまで遊ばせています。帰って来ると直ぐにゴハンゴハンと騒ぐので、準備しておかないとさぁ大変!本当に育児ってば体力勝負わ。1日2回も公園で疲れ切らないと寝ない2歳児の体力には衝撃的!

月曜日はアイロンかけが無い日なので、そういう時は別のやらねばならない家事をする訳です。使い古したタオルが何枚か溜まると洗ったり絞ったりし易い大きさに切り(我が家では半分)切り口を縫います。小学校の5年生の時の初めてのお裁縫は雑巾縫いでした。チクチクチクチク縫ったっけ。それも評価の一つでした。

たまたま4月に昼間のとあるワイドショーを見ていると、100円ショップで4月に一番売れている商品は雑巾ですという特集をしていました。昔というかごく最近まで、雑巾は家庭で使い古したタオルで作るのは全くあたり前で抵抗が無かった事ですが、学校で必要だからと、使い古しのタオル雑巾を持って行くと、汚いと言われイジメられる時代になったのだとか。ビックシ!

リコは来年から幼稚園に行く為、この時期は我が家も、そしてこの地域全体の2~3歳児を持つ家庭は幼稚園入園紛争の渦に巻き込まれています。「あそこの幼稚園は儲け主義」だとか「入学金や諸経費が高いけれど教育が良い」「全日給食がある」「バスが先着順で乗れない可能性がるから願書受付の2~3日前から並ぶ」などなど園によって特色が様々。幼稚園で子供の全人生が決まる訳ではないと思うし、幼稚園で今からこんな状態だったら、この先一体どぉなっちゃうんだろうと不安になるばかり。我が家は我が家、我が子に一番適した幼稚園に出会えればと、ただそれだけなのですが。紛争に巻き込まれない様にしようと思いつつ、噂を聞けば聞くほど知らず知らずのうちに巻き込まれている自分が居る事に気付きます。

何年か後、私も100円ショップに雑巾を買いに行く親になるのだろうか?
[PR]
by shizuer | 2006-08-30 23:29 | 日記

ストレス削除

b0026385_13221369.jpg

  午前中11時から、リコと二人でケーキセット食らう♪

出張はとても多いながらも泊まりは少ない主人も、今回は昨日から明日の土曜日の深夜まで帰って来ません。早くも夏の疲れが出たのか、私は一昨日から夏風邪をひいてしまいました。夏に風邪をひくなんて生まれて初めて。体も弱ったもんだだと実感しました。食欲もなく何もしたくない、薬と暑さで頭がボーっ。でも家事はいつもの様に頑張ってしまう自分を馬鹿じゃないかと思いつつ、近所のちょっと名の知れたケーキ屋さんにチャリを飛ばす。今日はお給料日、ちょっと贅沢しちゃいましょう!お好きなケーキと+500円でお好きな飲みの物に、このお店イチオシのメープルソフトクリームと季節のフルーツ盛り合わせも付いて来ます。リコは恥ずかしいくらいの大声で「美味しい!」と連呼。「家計簿の娯楽費の欄に920円と記入。いや、外食費か?」なんて考えながら、大満足して家路に向かう時、ふと想い出しました。

ちょうどこれくらいの季節だっただろうか、私が小学生だった頃、母が突然、「今から栄養をつけに行く!」と言い出し、私と弟と連れて近くのファミリーレストランに暑い中、自転車で向かいました。「家ではお肉を食べられないんだからハンバーグだとかステーキだとか栄養のあるもの食べなさい。」今ほど食に興味がない年頃でしたが、ラッキー♪とばかりに言われるがままにお肉料理を注文して、三人で必死にワシワシ食べました。父はその頃30台後半だっただでしょうか。仕事上の付き合いで飲むことが多く、中年太りが始まりお腹が太鼓腹になりつつある時期でした。結局ぜんぜん続かなかったのですが、家ではお肉や揚げ物を食べない宣言をしました。食事はその家の主人にどうしても合わせてしまいがち。そんな中、母は成長期真っ只中の私達の食事や体を心配し、また子供の喜ぶ顔が見たいという気持ちが大半、そして母自信がストレスの発散の場だったのだろうと思いました。夜、父に何となく嬉しそうに「今日は三人で美味しいもの食べてきたのよ。」って報告してたっけ。

今でこそ実家近くにも色々な飲食店が出来ましたが、私が子供の頃はそのお肉を食べに行ったファミリーレストランが唯一自転車で行ける距離にありました。母は運転が出来ず、移動手段は自転車か遠出の場合は電車でした。現在の様に育児をするママ達がストレスを発散する事があたり前化していなかった様に思われます。母も相当ストレスが溜まっていたに違いないと思います。思えば私も弟も親が喜ぶ様な成績をとって来る子では無かった。毎日の三度の食事作りに掃除に洗濯。毎日毎日同じ生活サイクル。それが主婦業。

ある日、「夕食が出来たからテーブルに運んで~」と頼まれ、私はテレビを横目にマーボー豆腐を運びました。テーブルに着く頃、気が付くとドロドロとじゅうたんに溢していました。母はそれを見ると「テレビなんて見ているからでしょ!」と怒鳴り、それはそれは怒られました。「お母さんだって溢すことあるでしょ?」と反抗すると、「お母さんは自分で片付けるからイイのっ!あなたは出来ないでしょ!あぁ~、マーボー豆腐って油っぽくて落ちないのにぃ~」とブツブツブツブツ怒っていました。あの頃の母はヒステリーだった。「自分がいつの日がお母さんになったとしても、私は絶対にこういう風に怒らない、優しいお母さんになる。」と心に決めました。しかし、そんな事は全く忘れ、私は今、昔の母と同じくなっている事に気が付きました。何だかヒステリックな私。自分自身で鬱陶しく思います。

現在の母は全くヒステリーではありません。母をヒステリックにさせていたのは私と弟が大きな原因だったに違いありません。母と私は顔が瓜二つで、みんなから良く似ていると言われ続けています。「お互い美人でもないし似ていると言われてもお互いイヤだよねぇ」と良く言い合っていますが、最近は顔だけでなく母にやる事成すこと似ているのかも?と思う様になりました。学校から帰ると夕食を作りながら学校での出来事を延々と聞いてくれたり、色んな相談を聞いてくれたり。それは私が結婚した今でも続いている事です。母が私にしてくれた事、教えてくれた事を同じ様にリコにしてあげられるだろうか?

子供の頃、大人は全てに於いて完璧なものと思っていました。しかし、いくつになっても大人も成長過程に居るという事を大人になってやっと理解出来ました。リコの様な二歳児に向かって大人げなく怒ってしまうのも仕方が無い事であろうか?。日々自問自答する中で、少しずつ成長している自分が居るという事、また親の有り難さと大切さも実感した暑い夏のある一日でした。

あぁ、それにしてもケーキセット、美味しかったなぁ。これでストレスが無くなったかは不明。
[PR]
by shizuer | 2006-08-25 15:15 | 食&育児

夏の朝食

b0026385_1323719.jpg

ちょっと前まではパンが大好きで、パンを食べない日はないくらいでしたが、リコが急にパンをあまり食べなくなってからというもの、私もゴハン党になりました。ご飯(玄米)にしてからお通じも良く、食べても太らなくなった気がします。やっぱり日本人はご飯が体に合っているのでしょうか。

朝から暑くて何も食べる気がしなくても、やはり朝食を食べなければ力が出ず頭も働かないというもの。平野寿将さんのレシピで”寿将風さつま飯”を作りました。宮崎の郷土料理の冷汁と似ているのですが、ダシでのばすのではなくトロロ飯です。なぜさつま飯っていうのかは不明。鹿児島に関係あるんでしょうか。寿将さんは愛媛出身のはず、はて?鯵の干物を焼いてほぐし、すりおろした長いもと鯵、みょうが、ゴマを混ぜて、お味噌・お酒・みりん・お醤油で味を調えます。それを冷蔵庫で冷たく冷やしておいて、温かいご飯にかけ、もみ海苔、大葉、白ゴマを添えて出来上がりです。

前の晩から作って置けば、火を使わずに朝食の完成。不思議なくらいすすんじゃいます。骨をとってあるお魚なので、小さい子供にも安心して一人で食べさせられます。トロロのネバネバパワーで夏バテ知らず。
b0026385_13511086.jpg

でもやっぱり時々パンを食べてみると美味しい!夏はパンの発酵がグングン進み、発酵過程を見ているだけで楽しいものです。
[PR]
by shizuer | 2006-08-21 13:51 |

オヤジ的ずんだ白玉

b0026385_2201310.jpg

毎日2回外出しないとダメなリコでありますが、朝から肌を差す刺す様な暑さ。夕方には絶対に公園に行くと約束し、午前中、ちょいと離れたスーパーまでチャリを飛ばし冷房が効いた店内に涼みに参る事にしました。極楽、極楽!と言いたいところですが、店内を追いかけ回す感じなので、どこに行っても疲れま~す。ゼイゼイ。

最後に食材を見て回ると、美味しそうな枝豆発見!だだちゃ豆。前々から気になっていました。「だだちゃ」とは、庄内地方の方言で「おやじ」「お父さん」という意味だそうです。

茹でて食べると、豆の香りが口中に広がって甘くて美味しい!こりゃまた買おうという気になります。勿体ないのは十分承知で、こちらを使って東北地方の郷土料理である、ずんだ餅のずんだ餡(枝豆餡)を作って白玉に乗せてみました。緑の色が美しい、小豆餡とはひと味違った餡が完成。今後、ひと夏に一度は食べたくなるお菓子の一員になりました。
[PR]
by shizuer | 2006-08-18 22:21 |

お祭りグルメ

b0026385_141933.jpg
お祭り大好き夫婦の私達。大阪に来る前は、毎年、麻布十番祭りに二夜連続行き、また、住まいの近所のお祭りがあると聞けば全て出没すると言った具合でした。お祭りで何か大役があるという訳ではなく、何が目的かといえば、そう、出店ですよ。目指すは美味しいB級グルメ!
b0026385_1445055.jpg

今年も今現在、二つのお祭り荒らしを終了したところです。そして、今回、それはそれは大阪らしいモノを発見しました。

             それは、どて焼き

b0026385_1483523.jpg

どて焼きと言っても、スジこん(牛スジとこんにゃくの煮込み)と同じ雰囲気です。グレーと白の二種のこんにゃくとスジがお味噌で煮込んであり、注文するとお好みでタップリのネギと七味をかけてくれます。以前、自分で作ったものも美味しいと思ったけれど、コレも味がしみしみ、スジが柔らかで本当に美味しかったです。お店のオジサンも感じが良くて、お金を払うと、「おおきにっ!」と言うところが大阪らしさを物語っていました。見回しても、沢山出店がある中でここ一軒のみ。流石、食べ物に関してはお恥ずかしながら目利き鼻利きの夫婦です。

b0026385_1419474.jpgリコもお気に召した様子で私達の誰よりも沢山食べていました。大阪生活にドップリのリコです。

さぁ、残るお祭りも荒らすわよぉ!
[PR]
by shizuer | 2006-08-15 14:25 | 大阪って!

一人宴会開催

b0026385_1937065.jpg

毎朝6時に起床するリコ。掃除洗濯が一通り終わった8時から遊びに付き合います。朝晩二回の公園通い。今日は午前中に買い物に行ったついで、毎日頑張っている自分達へのご褒美?にと、近所の美味しいケーキ屋さんのソフトクリームを二人で仲良く食べたりと、日々娘に尽くしているつもりの私ですが、今日は朝から晩まで寝ずに色々要求してきたり、急にド付かれたりして、私もいい加減爆発気味。夕方6時にダウンしたリコをベットに運び、一人ビールを飲んでやるぅ!
b0026385_1956716.jpg

夕方のお散歩ついでにビールをゲット。家計の為なら発泡酒を選ぶべきであるところ、今日は奮発してビールにしちゃえ。しかも、沖縄ムードが味わえるオリオンビールだ!
b0026385_1946079.jpg

一気にココまで無くなる。

「ビールは舌でなく喉で味わうんだ!」

という父の口癖に改めて同感。喉にビリビリくるところが何とも旨い!

これで明日からまた、我がままリコに優しく接す事が出来そうな気がします。

おつまみが見当たらず、ビールのみ。酔っ払って何書いているか分かりませ~ん。いざ、退散~スタスタスタ
[PR]
by shizuer | 2006-08-11 20:00 | 食&育児
リコの大好きなお友達、ハルカちゃん家に誘われて梅田の阪神百貨店で今日から開催されているキティちゃんのおうちへようこそ”に行って参りました。
b0026385_21152766.jpg

リコはキス魔なんです。私達夫婦には勿論、自分が心を許した人や物にキスしまくり。そして大好きなハルカちゃんには所構わず濃厚なチュー攻撃。初めはビックリ驚いて、時に嫌がっていたハルカちゃんも最近ではされるがまま。余りにしつこい時はお母さんへ抱きつき避難。リコは自分に気を向かせようと、足を引っ張ったり、時に叩いてみたり。。。楽しいのと裏腹に、リコのしつこさにブチ切れ。暑さも手伝い、心も体も疲れ切る。ハァァァァァ~
b0026385_2121183.jpg

↑、ピン止め頭がリコ。順番なんてお構いナシ。ジャイアンちっくに自分が一番。キティの着ぐるみに抱きつく。コラぁ~!
b0026385_21234557.jpg

     それにしても随分スタイルが良いキティだ

ハルカママ、このお盆に旦那さんの実家へ帰省する時の手土産を購入するという事で今回セレクトしたのは人気バームクーヘンのCLUB HARIE。流石、もの凄い行列!その間リコが一緒に居ると邪魔をして迷惑になるので二人でデパ地下をウロウロ。美味しそうなモノ達の誘惑に何とか勝つ!

地元に着いてバイバイする時、何とテイクアウト用のバームクーヘンを頂いてしまいました。ハルカちゃん親子は私達が居ない方が平和に楽しく過ごせたであろうに、とても気を遣って貰っちゃって何だか申し訳ない気持ちで一杯です。

にしても、このバームクーヘン、ものすごく柔らかくてシットリしていて絶品です。お近くにお店がある方、是非お試しを!

バームクーヘン、棒にグルグル巻きついたものを一本丸々食すのが夢だわ。
[PR]
by shizuer | 2006-08-09 21:48 | 食&育児

MAPLE WAFFLE (LIEGE TYPE)

b0026385_0314821.jpg

10年くらい前に、父がゴルフの景品でワッフルメーカーを持って帰ってきました。丁度マネケンのベルギーワッフルが流行った頃。目新しいモノが大好きな私は友達を呼んで早速作りました。その時作ったのは、モチモチとしたリエージュタイプとフランスでよく食べられているというフワっとした軽い食感のブリュッセルタイプ。まずまずの出来栄えだったと記憶しています。が、学生だったかOLだった為に、一度か二度作っただけで押入れの奥へと姿を消しておりました。結婚して嫁入り道具として一応持って来たものの、共働きだったので、やはり一度も作らず終い。出産&転勤騒動によって、今のマンションは収納が少ないという理由で、実家へ置いて来たのでありました。しかし、子供も少し大きくなった今、一緒に作ったり、お友達を呼んでワイワイ楽しく焼いて食べられるかもと、その存在を急に思い出し、先日の名古屋へ行った時、車で来る実家の母に頼んでついでに持って来てもらいました。
b0026385_0391513.jpgb0026385_039305.jpg





今回もモチモチのリエージュタイプを作りました。メイプルシュガーがあったので、メイプルワッフルに挑戦!夜の9時から作業をスタートし、9枚を焼き上げたのが11時。ぎょっ、もぅ昨日の出来事になっている事に驚き桃の木。イーストによって発酵させるので、パンと同じだけ手間と時間が掛かります。発酵し易い様に冷房をかけずに焼いていたので汗だく。ワッフル作りは夏場はやるもんじゃありませぬ。
b0026385_0463660.jpg

メープルの香りに誘惑され、夜中に焼き立てをパクリ♪だけど、この一口が太ぉる!

しかし、なんですな、バラのように美しいものにはトゲがあると言われる様に、美味しいものは高カロリーという事が殆どですね。このワッフルの配合、バターもお砂糖の分量が半端じゃなくて、作っていながら大・大・大・大・罪悪感。更に暑さと手間の掛かる事に疲れきって、ワッフルメーカー、またまた押入れに眠る事になる予感。

次回は発酵時間が要らない、ベーキングパウダーを使うアメリカンタイプにチャレンジします。

あぁ、脱力。。。

寝まぁす。オヤスミナサイ・・・★
[PR]
by shizuer | 2006-08-05 01:13 |

すいか

b0026385_213713100.jpg
b0026385_145856100.jpgこの間のタケノコ騒動に引き続き、主人がまた仕事で行った姫路でスイカをお土産に買ったと言ってルンルン帰宅しました。うぁ~っ、嬉しいけど複雑ぅ。どう考えても家族三人では食べきれぬ大きさ。胴回り1mはありました。

「ウチは丸のままでは買わないのにさぁ~、腐っちゃうじゃん。そこんところが有り難迷惑ってもんだよ。」

「こんな優しい夫を持ちながら、○○ちゃんは変わったよ。なんでかというとさ、子供にスイカはこういうものだと見せて食べさせた方がイイんだよ。」

ふぅん、お主、なかなか良いこと言うな。月曜日にお友達の家でビニールプール遊びをする時に持参してスイカ割りをすれば?という案もありましたが、自転車には絶対に積めぬ大きさだったので却下。グラニテにしたりスムージーに改良しようとも考えましたが、やはり生のままが一番美味しいだろうと思い、近くのお友達にリコと二人で配り歩きました。

b0026385_14591156.jpg食べるまでは一日リビングに置いてスイカとスキンシップを図る。乗ったり、転がしたり、叩いたり、かじった?り。。。良い教育になったかどうかは不明である。

美味しそうにかぶりつき、リコも一人前にスイカを味わったのであった。
[PR]
by shizuer | 2006-08-02 15:00 | 食&育児