育児と育自と時々の美味しいもの☆


by shizuer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:育児( 62 )

卒園式

b0026385_16313588.jpg
3月17日、無事に卒園式を終えました。もう、幼稚園に通わないだなんて、全く信じられません。寂しいのは親だけ?で子供達はケロっとしています。
b0026385_16333119.jpg
式では担任だった先生の大多数が涙ぐんで、一人一人の名前を読み上げていました。一年間、30人の園児の面倒は私達親の何倍も気を遣って接して、時には怒り涙し、感動したりと、色々あったに違いなく、「お疲れ様でした。本当にありがとうございました」という感謝の気持ちでいっぱいです。  

でも、その時点では私は涙はでませんでしたが、やっぱりあの、『想い出のアルバム』の歌はヤバイですな。園児一同が舞台を前に背を向けていたのが一斉に後ろの私達親の方を向いて歌い出しました。

「い~つのぉ~こと~だかぁ~、思い出してごぉ~らん~♪」

だんだんだんだん、周りの親や先生が涙し始め、終には私の隣のパパは、涙と鼻水の嵐と戦いながら聞いているのを見ていたら、私も不思議と感極まってきました。主人も少しズルズルしていて、「自分もジジイになったのか、涙腺が緩くなってきたよ」と言っていました。

皆さん、卒園式・卒業式を迎える時には花粉の季節という事もあるので、ハンカチや大目のティッシュは絶対に忘れてはなりませぬよ(笑)
b0026385_16445044.jpg

この時期はまだまだ寒いということと、式典の最後にはコウが愚図って会場から主人が連れ出したり、その後、予想外に全てが終わるまでに時間が掛かり、寒い中、園庭で写真を撮り合ったりと、出発は8時半、帰宅が14時、家に帰るやいなや、主人は仕事へ、子供は着替える前に「お腹がすいた~~~」と大騒ぎ。夕方はピアノのレッスンと、一日が目まぐるしく、私は死んでしまいそうでした。

そして、翌日から東京帰省。新幹線でも大騒ぎ。

b0026385_16591923.jpgおじいじ、おばぁばからのリコへのお誕生日・卒園・入学お祝いのディズニーランドに行き、今現在、私の実家に居ますが、リコもコウも私の両親に甘え大騒ぎ。

楽しい反面、と~っても疲れます。

パパの一人独身生活が羨ましいです。
[PR]
by shizuer | 2010-03-22 16:58 | 育児

最後の登園日

b0026385_11172084.jpg
今朝の光景。今日で三年間通っていた幼稚園も最後です。バスに乗るのも最後。
b0026385_11182530.jpg

入園して初の登園の時も泣き喚く事もなく、あっさりバイバイしてビュ~ンと消えて行きましたが、三年経った今も、まだ幼稚園とのお別れの意味が解っていない様子で、いつもにも増して嬉しそうに乗って行きました。バスの運転士さんも、ママ達が写真を撮り易いように、ゆっくり発進していってくれました。

    とにかく、色んな想いがママ達を感慨深くさせています。
b0026385_1123258.jpg

先週木曜日の最後のお弁当。この日は、インフルエンザの学級閉鎖騒ぎで中止になっていた遠足が、急遽、ミニ遠足と称して万博公園まで行く事になりました。食べ易い様にオニギリやリクエストの唐揚げと黒豆(←シブイよね~)オヤツもお友達と仲良く沢山食べられる様に、いつもより少量にして、でも特別の事は何にもしなかったお弁当ですが、キレイに完食してきてくれました。

「小学校、毎日給食イヤだな~、ママのお弁当が良いよぉ」

嬉しい事を言ってくれてありがとう!

明日はいよいよ卒園式。良いお天気になりますように。
[PR]
by shizuer | 2010-03-16 11:30 | 育児

サンタさん、来たる?

b0026385_7331632.jpg
これはリコが折り紙で作ったブッシュ・ド・ノエル。一緒に作ったクリスマスケーキの再現だそうです。とっても楽しかったようで、そりゃ良かったね!

教育テレビだとか、アニメ、はたまた幼稚園などでクリスマスやサンタさんについて知識を得るらしく、毎日毎日、サンタさんにお手紙を書いてました。しかも、同じ文面(それしか浮かばないらしい・・・)

紙も封筒も勿体無いなぁ~と思いつつ、要観察。
b0026385_732533.jpg
『サンタさんへ  リコがすきなおもちゃは、ピアノがほしいです。コウがすきなおもちゃはトミカだよ  リコ コウより』

何だかちょっと変というか不思議な文。自分で書いておいて、「あっ、ピアノはオモチャじゃなかった」とか、「サンタさん、こんなグチャグチャで読めるかな?」と突っ込みを入れたり、心配していました。

「もっと字を練習したまえ」と、思いつつ、また同じのを書くのぉぉぉ~と「読めるから大丈夫、大丈夫」と宥めて何とか止めました~。

12月に入ると、私を含め周りのママは、あまり良くないと思いつつも子供が悪さをすると「サンタさん、来ないよ~」と脅し、子供達もそれは本当に困る様で、一瞬良い子にするのでした。

リコは一年前から、とってもピアノに興味があり、同じバス停ママがドイツへ転勤してしまう前の2ヶ月間だけピアノのレッスンにお試しで行かせてもらっていました。そのママ(先生が)「リコちゃんは本当に一生懸命でヤル気があると思うから良い先生を見つけて習わせてあげても良いと思うよ。私も転勤がなかったら、教えたいと思ったくらいで惜しい程よ。」と言ってくれました。でも、だからと言って直ぐにとは思えず、この一年間様子を見てきました。ショッピングセンターの楽器屋さん、電器屋さんのピアノ売り場を見つけると、全く動かず弾きまくる。でも、弾けるのは二ヶ月間で習った、一応両手弾きだけれど「ドドレレミレド~ミレド・ミレド・ドドレレミレド♪」ばかり。一生懸命な姿と、それしか弾けない我が子がちょっと可哀相になりました。

クリスマスが近づいて来たので、「サンタさんにピアノを貰って習いに行く?」と言うと、「いくいく!」と、ヤル気満々。こうなったら可愛い我が子の為に火事場の馬鹿力を出してしまうのが親なのでしょうか?
b0026385_74576.jpg

パパサンタ&ママサンタ、頑張りました~。今年のプレゼントはピアノです!パパは「これからも馬車馬のように働くよ~」とブツブツ言ってました。頑張ってくれ。

「ところでパパにはプレゼントはないの?」
「ない」

我が家にはアップライトは住宅事情上置けないので、電子ピアノです。我が家はこれくらいの価格で~と思って見に行きつつ、ついつい弾き心地などを重視するとお値段がアップ。
b0026385_7502658.jpg

ピアノは24日に配送してもらい、枕元にはスーパーに行く度に2人が欲しがっていたお菓子パックにお手紙を添えて。
『リコちゃんへ ピアノは届いたかな?ピアノは重いからソリに乗せられないんだよ。だからピアノ屋さんに運んでもらったよ。先生の言うことを良く聞いて毎日練習して、上手になってね。コウくんと仲良く遊んでね。 サンタより』

という、親のエゴ?的文面(苦笑)
喜んでお手紙を読みつつ、「サンタさん、なんでりーちゃんの弟がコウくんって知ってるのぉ?」と。鋭い質問にドキっ!
苦し紛れに、「サンタさんは神様みたいに何でも知っているんだよ」と言っておきました。危ない、危ない。
b0026385_7562092.jpg

              ダイナミックに破き空け~
b0026385_7565671.jpg

サンタさんのお願い通り、仲良く食べていました。

もちろん、私の枕元には何もありませんでした~

でも、まぁ、クリスマスって夢があって良いな♪と思いました。サンタさんが居ないと判っても信じたかったあの頃が懐かしいです。

ピアノ、一月から習います。頑張って、ね!
[PR]
by shizuer | 2009-12-26 07:59 | 育児
っと、↑のタイトルでは嬉しい叫びに聞こえるかもですが、コウが新型インフルエンザに掛かってしまいました。。。 とほほ~っ
b0026385_18551232.jpg

以下、細かいですが、今後の参考になればと、お時間ある方、どおぞ。

昨日は朝の5時半から主人は嬉しそうにゴルフに出掛け、朝っぱらからゴソゴゾするものだから子供ら二人は5時に起床・・・ それからコウは私がコアリズムをしている間に10時半からウトウトと1時間くらい寝てしまい、起きるとリコがランチの時間だからと着席。自分も食べるぞっ!という意気込みで、まんま小僧もマイチェアに着席しました。いざ、料理を運ぶとリコはガツガツ、一方のコウは突然拒否!今の今まで食べる気満々だったにも関わらず、母はここで少し変だと察知する。

そうして、ダダを捏ねたりしてランチも食べずに↑の写真の様に自分の寝床へとゴロン。リコが「コウちゃん変やねぇ、ママ体温計で計ってみいや」と命令され「そぉ?」と計ると38.5℃!

「う~ん。こっ、これは!」と一瞬怯えるが、これは前にもこんな事があり、シルバーウイーク中だった為に救急に行き、長い時間待っただけで、結局インフルエンザは陰性。逆にインフルエンザの人ばかり居るような病院に行くのも危険だし、発熱から12時間以上経たないと、検査も正確に出ないという話も聞いているので、容態が急変しない限り、一晩様子を見ることにしました。

夜中は39℃まで行ったものの、本人はスヤスヤと寝ていて、朝には37℃前後しかなく、またも早起きでリコと一緒に遊んでいました。主人と相談した結果、明日はかかりつけの病院がお休みなので、一応受診する事に決めました。

リコを朝、幼稚園に見送る際に、ママ達に相談するも「あんなに元気そうだから半日様子を見たら?」と言われましたが、「病院行くならリコちゃんが居ない昼間のが良いだろうから、やっぱり気休めかも知れないけれど、行ってみたら?」という事になり。。。

いざ、先生の所に行っても熱も微熱で元気で走りまわり、「咳も鼻水の症状もないしコウくん、こんなに元気だから、やっても仕方ないと思うけど、検査してみる?」と先生。

すると、、、
「コウくん、A型だよ~っ!!!オネエちゃんもなってないのにどこで貰って来たの?」
私も看護師さんもみんなビックリ!
本人、ニヤケて走り回る(苦笑)

ホント、季節性の予防接種で外出したくらいなのに、スーパーの買い物とか?そのくらいしか検討つきません。

隔離室に通され、そこで会計し、時のタミフルを貰い、裏口から出ました。マンションへ即効帰るのであった。

小学校は兄弟が感染してもマスクをすれば登校できるそうですが、幼稚園はNG。リコも明日からまたお休みです。リコが感染しなければ月曜日から幼稚園に行っても良いと先生。幼稚園に連絡し、週末に持って帰る物を持たせてくださいと気の利いた事を言ったが為に「感染拡大防止の為に今からお迎えに来てください。」と。でも、必然的にインフルエンザの当人も一緒に連れて行かなくてはいけないので、その旨を伝えると、(仕方ないので)通常通りバスに乗せて返しますと。(現在学級閉鎖は11クラス!)

でも運良くコウが寝たので、もしリコに潜伏してたら、やっぱりよそのお宅に申し訳ないと、もう一度連絡してチャリを飛ばして迎えに行きました。(車通勤の主人を少々恨む)17キロの子供は、ここら辺は坂ばかりで本当に重い!
b0026385_19253930.jpg

こんな一日だったのですが、インフルエンザの僕ちゃんは本当に元気で、お姉ちゃんが帰って来ると更にエネルギッシュ。主人のゴルフの景品のお米を引っ張り出すは、私は心身ともに散々です。リコやコウに接触したであろう子供やバス停仲間に報告と誤りのメールをしたり。

この騒動中に、いっそリコも掛かってしまえば(コウみたいに軽いなら)と不謹慎と思いつつ、今後ドキドキ・ハラハラしないで済むのに、と思ってしまいます。

しかしながら、外では移っても家族間では意外と移らないらしいと、この辺の経験者のお話です。

私、またも暫く自宅に冬眠します。

以上、お付き合い頂いた方、ありがとうございました☆
[PR]
by shizuer | 2009-11-04 19:40 | 育児

我が子を探せ!

b0026385_2101396.jpg
          ↑の中にリコが居ます。ウォーリーを探せ状態。

720人のマンモス幼稚園の運動会は、親兄弟、家族によってはおじいちゃん・おばあちゃんと、運動場はエライ事になります。我が子を見るために、我が子を写真やビデオに納める為に、それはそれは皆様、親バカになるのです。親バカにならないと大変な育児、子供は育てられないと思うので、なって当然だと思うのですが、ごく僅かなモンスター・ペアレントが、撮影場所の割り込み等で、常識ある人がヒドイ目に遭うのです。やれやれ。

年長は4種目で、綱引きや組体操、リレーに最後の見せ場の鼓隊があるのですが、先輩ママから「とにかく感動するよ~」と聞いていましたが、我が子を含めた、それぞれの子供達の素晴らしい演技や競技に、この私も感極まってしまいました。3年前はちっちゃく、ただただ可愛らしかった子供達が、こんなに逞しく成長したとは!

主人は「鬼の目にも涙」

と、呟いていました。

むむむっ

連休初日は、インフルエンザだとか、台風でお休みになったりと心配だった運動会も無事に終わり、連休のなか日は朝から晩までアウトレットに行ったり、最終日の晩は、同じマンションのママ友と飲みに出かけたりと、フルに遊びまくったので、今週はモウロウ中。そんな中も、育児教室は2日こなし、明日は誕生月は無料で受けられる子宮ガン検診に行って来ようと思っています。

自分のメンテナンスも必要だと思う、秋の夜です。

肩や腰もダルイ。。。
[PR]
by shizuer | 2009-10-14 21:21 | 育児

らんどせる

b0026385_16365369.jpg

tototo-naomityさんちがランドセルを購入している頃は、我々はまだまだ先の事と思ってましたが、気付けばそんな時期になっていました。もう注文したお友達もいてビックリ!どこのお宅も第一子目は何でも初めての事で早いようです。我が家もコウの時は3月とかになりそう~。

で、東京にしかなかったランドセル屋さんが京都にも出来たとの事で、京都散策がてら、この連休に行って来ました。

事前に素材見本を入手していて、どんな色のが欲しいか、本人に聞いていたのですが、やっぱり

「リーちゃん、ピンク!」
そ~きたよね。

主人と私は「周りのお友達はみんなピンクだとリーちゃんの見つけるのが毎日大変だから、この茶色とピンクのがカワイイんじゃない?」
と洗脳してみました。すると、

「そ~だね!りーちゃん、これっ☆」
とあっけなく決断。

お店に行っても、ピンクも気持ち揺らぎながらも、「これかな~?」
大阪から見に来たという見知らぬお友達も、リコと同じ変わり嬢で来店して茶色に決定したと聞くと更に茶色が良いと。

親からすれば、ピンクとか水色を選ばれるより、単なる公立小学校に行くのにも関わらず、ちょっと賢そうに見えて良いかな?と、軽い気持ちで洗脳してみたものの、ここまで簡単に洗脳されるとは思ってもみなかったので、正直ビックリ!

その場で注文しても、注文製造らしく11月中旬に配達。即決断するには我々親が踏み切れず、少々考える時間を持つ事にしました。

「リーちゃん、今日持って帰りたかったよ~」
「結婚指輪と同じで買い換えられないから、ゆっくり決めないと」
と言っても、幼稚園児には理解できる訳でもなく。
周りのお友達がピンクだとか、サンリオなどのカワイらしいランドセルを持っているのを見たら「あれが良かったよ~」と言われても遅いし困る!

一体、我が家は最後には何色に決まるんだろう?

我が家的クダラナイ内容でスンマセン^^
[PR]
by shizuer | 2009-09-24 17:01 | 育児

やったね!

昨日の猛特訓の結果、やっと補助輪取れました!パチパチパチ♪
b0026385_534136.jpg

               「ママ、見てぇぇぇ~」
b0026385_5351041.jpg

               ボクは三輪車で応援!

この夏は、時間がある土日の夕方は、主人が二人連れて自転車の練習に行っている間、私は夕食作りというパターンだったのですが、毎回「今日もダメだった~・・・」と帰宅。三人で大汗かいて、足はドロドロ、体はベタベタ。主人も片方だけ補助輪取ったり、両方取ったり、はたまた全部取ったり、サドルを上げ下げしたり、と、まぁ結構思考錯誤していた様ですが。内心「全く、いつになったら取れるのかね~」と思っていました。

金曜日、同じバス停同じマンションの同級生のミサトちゃんが、つい最近までは出来なかったのに乗れているのを発見して、リコも私も衝撃を受けました。

「コレは旦那に任せていてはダメだ。私の出番だわ!!!」

昨日は掃除洗濯をサッサと終わらせ、朝食食べて10時にgo!

少しの坂で練習した方が良いというミサトちゃんママのアドバイスにより、少しの傾斜でバランスの練習。「怖いよ~」などの弱気発言は親としては、「そのくらい我慢せい!」と思いつつ、ここは気持ちスパルタで、でも外見は熱く優しく教えようと肝に銘じていた為、グッと気持ちを抑え、終いには、「今日乗れたらアイス食べに行こうよ!」とアメとムチ作戦。これっていいのか???

すると、いきなり俄然ヤル気が芽生え、練習から一時間後には、生まれたばかりの子馬が立ち上がった様に、急にフラフラっと乗れるようになりましたっ。

「わ~っ、スゴイじゃん!」(←必要以上に褒めた)

乗れたリコは嬉しさと清清しさで、グルグル乗ってましたが、我々親はかなりグッタリ。慣れないコアリズムをやっている私は腰が痛くなってしまいました。一石一鳥といったカンジ。。。

この後、お約束通りソフトクリームを食べに行きました。ベルギーチョコソフトで黒髭が凄かった~

リコ位の年齢になると、赤ちゃんの寝返りとか歩き出したという様な目に見えるスゴイ成長はそれほどないので、ここ最近で親としては本当に嬉しい成長の日となりました。コレ、完全に親バカですね^^

あ~っ、何はともあれ、私、あっぱれだったわ♪ 自分を褒めちゃう!
[PR]
by shizuer | 2009-09-14 05:55 | 育児

7月22日

             コウくん、2歳のお誕生日おめでとう!
b0026385_22162622.jpg

早いな~。もう、そんなに早く大きくなってくれなくても良いのにぃぃぃ~と、成長は嬉しいけれども、ビミョーな親心。

今回もまた、ケーキ屋さんでケーキ買わずにロウソクだけ買ってしまった。

19日の日曜日に、主人の妹ファミリーが遊びに来てくれたので一緒にケーキを囲み、賑やかなお祝いになりました。
[PR]
by shizuer | 2009-07-24 22:23 | 育児

遊びたい病

b0026385_21215911.jpg
ここ最近、幼稚園バスから降りて来ると、「今日は○○くん(ちゃん)ちで遊びたい」「今日はりーちゃんちで遊びたい」、という発言がヒドイ。バスの中で約束するらしく、「今日は○○ちゃんがりーちゃんち遊びに来るで」と勝手に決めて来る。子供だから上手く誤魔化したりも出来るけれど、最近は知能も幾分向上したせいか、適当に流せない時もあるし、ふて腐れる場合もあり、はたまた、そのお友達から直接「りーちゃんママぁ~、今日、りーちゃんち遊びに行ってもイイ?」なんて言われると、よほど用事がない限りダメとは言えない。三時過ぎて帰って来てから遊ぶとなると、幼稚園児を放ってご飯作りに没頭出来る訳はなく、最近夕食が適当になる場合が多い我が家です。

とは言っても、子供は遊ぶ事が仕事だと思うし、子供同士のお付き合いでしか学べない事も沢山あると思うので、なるべくそんな時間を作る様に努力しているつもりの私。買い物は、朝、リコを見送ったら直ぐに出発!ついでにコウを外遊びさせて帰宅し、コウがお昼を食べている間に夕食の準備や洗濯物の取り込み、アイロン。すると、直ぐにお迎えの時間となります。

遊びたい病に侵されている子供達は大人と違って、おいしい食事を食べたいなんて毛頭思ってない様で、お友達と遊んでいるのが何より輝いています。まぁ、ひとつ問題だと思うのは、ママ同士が気を遣って、家を行き来するにあたり、お菓子を持たせる訳ですが、どうしても市販のスナック菓子や、ソフトキャンディー、ジュースを食べたり飲んだりする機会が多くなるという事。我が家はオヤツといっても、市販のお菓子も含みつつ、ふかし芋やオニギリ、お餅、これからの季節はトウモロコシや枝豆といったモノをなるべく与えていましたが、我が子は満足したとしても、他の子供にまでは強要は出来ず、リコもお友達と遊ぶとそういったお菓子を食べられるのを楽しみにしているので、まぁまぁ仕方がないな、とは思っています。私の暇つぶしと自己満足で作る手作りお菓子も、何の気なしに、しょっちゅう出したり、またお土産に持たせたりした場合、喜んでくれる場合もあるでしょうが、相手の方にも手作りのものを作ったり出したりしないといけないか?みたいな雰囲気にさせてしまうと申し訳ないので、最近、全く作っていません。というか、作る時間も体力もないといった今日この頃。

という訳で、かなり手抜きの毎日かも~。はははっ

で、今日は我々の賃貸マンションの向かいに建つ、一戸建て、しかも三階建てのお宅に住むタイキくんが遊びに来ました。ママから直々に「タイキがリコちゃんの家に遊びに行きたいとずっと言ってるんやけど、一度お邪魔していいかしら~?」と頼まれていました。そんなにウチ来たい、リコと遊びたいと思ってくれるのは、親としても嬉しい、また、有難いこと。リコも喜んで、タイキくんもルンルンでやって来ました。

「リーちゃんちって、こんなに狭かったんやね~」
「・・・」(←リコ)

その後、子供達は楽しく遊んでいましたが、その一言に私がテンション下がりました。そうさ、我が家は2LDK。隙間収納も終には場所がなくなり、さぁこれからどぉする?といった感じなのです。

子供の純粋さ、正直なところは素晴らしい事だけど、それによってちょっと打撃を被った一日でした。

主人に言ったら何て言うだろう?楽しみ。
[PR]
by shizuer | 2009-06-03 22:10 | 育児

後悔先に立たず・・・

b0026385_20424948.jpg
 あの時、肝に命じたハズだったのに。

コウをヤケドさせてしまった。。。

主人が明日出張の為に、少々の現金が必要だからと頼まれていたので、リコを幼稚園に見送った後、コウと一緒に自転車で銀行に向かいました。私は、意外に注意散漫な所があるので、過信して自転車に乗らず、運転も気をつけようと、今日はいつもにも増して思っていました。

銀行に到着。自転車置場にて、自転車が転倒しない様に、また、他の自転車に隣接すると、乗せ降ろしも危険なので、全く誰も止めないであろう場所を選んで、ポツンと一台離れて止めました。

ATMから帰って来て、いざ自転車に乗せようとすると、他には全く離れて自転車もバイクも停まっている中、私の自転車にどいう訳かピッタリ過ぎるくらい、一台の原付が停まっていました。丁度、自転車の左側に停まっていました。乗せるのも鍵を開けるのも左側から。右側は少々の斜面になっていました。原付は持ち上げられないので、私の自転車をずらそうと、コウを下に立たせておいて、約5秒ほど目を離して、自分の自転車を持ち上げるやいなや、

「ギャ~!!!」とスゴイ泣き声。

「!!!っ」とビックリして見ると、全く外傷は無し。でも、左手を押さえている。その手を見てもやっぱり外傷はないけれど、、、

ハッとして、隣の原付のマフラーを指で一瞬触ってみると、ビックリする程の熱さ!
どうも、そこを触ったらしい。

子供がイタズラして自転車が倒れない様にとか、自転車の運転とか、チョロチョロ走って車道に飛び出さない様にとか、ヤケドだって家の中では万全で注意して見ているつもりではいたけれど、まさか走った直後のバイクのマフラーが熱いから気をつけなきゃ、というのはバイクを運転しない私は考える余地もありませんでした。育児書にも「走ったばかりのバイクのマフラーは危険です。」と書いてあるのは見たこともないし。

意外にアッサリ泣きやんだので、そのままスーパーに行ったのですが、やはりかなり痛がるので、何も買わずに一度家に帰り、保険証を持って行きつけの小児科へ。病院に着いて受診する頃には水ぶくれになりかけていました。抗菌軟膏を塗り包帯をしてもらって、また明日受診して下さいとの事。

その後、本人疲れ切り、昼食も食べずにバッタリ寝てしまい、3時間熟睡しました。リコが帰宅して、有難い事に6階のリュウト君の家に遊びに行く事になり、起き抜けのコウも一緒に遊ばせて貰えたので、お菓子にも釣られ、痛さも忘れ愚図る事無く、帰宅後も機嫌良く寝るまでに至りました。ビニール袋を手に巻いて入浴するも、結局包帯が濡れてしまい、包帯を替えようと取ってみると、思っていた以上に水ぶくれが酷く、楕円形3センチくらいにパンパンに水が溜まっていました。本人はケラケラ笑っていたのが救いでしたが。

また明日の受診で、どうなる事やら。

私自身の懺悔と共に、同じ様に育児をされている方がこれを読んで、少しでも参考になればと記事にしてみました。

親として変われるもんなら変わってあげたいと、切に思った今日一日の出来事でした。
[PR]
by shizuer | 2009-05-11 21:11 | 育児