育児と育自と時々の美味しいもの☆


by shizuer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

注意力散漫

b0026385_20384192.jpg

私、自分で言うのも何ですが、周りからは「しっかりしている」と良く言われます。子供の頃からそうであったら、も~ちょっと頭の方も賢くなってたと思いますが、あの時はどういう訳かグ~タラな子でした。コツコツとやるタイプだった事は確かで習い事などは地道に続けては居たけれど、「人を押し抜けて頑張ろう!」なんて全く考えていませんでした。今から思えばダメな子だったなぁ。少しの野望も自分を高める為には必要だと思うので、こういう所はリコやコウには似て欲しくないです。

元来、妙に小心者だったのと、単位数が多く厳しかった高校や、大学も自分が一番苦手たった英文科なんかを選んでしまったもんだから、卒業出来なかったらマズイ、恥ずかしいという一心から、そんな事がキッカケで用意周到で几帳面になったんだろうと自分を分析します。

まぁ、そんなんで今では家事や育児、生活態度に関してはどうやら「しっかり者」と思われている様なんですが、これまた私の性格は雑な面も多々ありまして。自転車や車の運転も主人より完全に男前。教習所の仮免のクランクでは「大丈夫だ~えぇい、行ってしまえ!」と曲がってポールにコツン!教官に「あれは風ですかねぇ?」と言うと、「う~ん、ち、ちょっと違うと思うけど・・・」。子供達を抱っこしたりするのも結構適当。ちょっとのシミを落とそうと、あまり注意せずに漂白して主人のズボンは2軍落ち~。などなど、やらなくて良い事をして逆にヒドイ目に遭ったり、かなり適当人間なのです。シッカリしていると思われていて失敗すると意外だと驚かれるのです。それを一番感じているのは主人かも。

↑の写真の物、コウのベビーカーにぶら下げるオモチャ、リコの大切なピン止め(従姉妹のママに貰った)、そして我が携帯。携帯を落とすなんて、もうビックリで自分の馬鹿さ加減に唖然!(暴れはっちゃくの父ちゃんのセリフが思い出される 笑)主人には、「ママは自分にも人にも厳しいけれど、失敗やショックに打たれ弱いよね」と言われました。う~ん、ちょっとのショックでガックリくるタイプです。主人には「私はガン宣告には耐えられないわ」と言っておきました。「多分パパのが先に死ぬから大丈夫だよ。」

何はともあれ、上の3点は全部見つかりました。不幸中の幸い。今までの人生で自分が落した物が最後まで見つからなかった経験は少ないです。

特に今は子供に注意を払っていて、どこか抜けてしまう所に気をつけなければ、と思いつつ、育児をしている以上、色んな事件もあるのでやはり一番子供に注意を払わなければいけないなと思う今日この頃です。物も大切だけれど、子供の命が一番尊いものですから。
[PR]
by shizuer | 2008-08-05 21:53 | 育児