育児と育自と時々の美味しいもの☆


by shizuer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

オックスフォード

 2回目のイギリスは、一年後の短大1年生の夏休み。意外に早く実現。高校はアルバイト禁止だった為、春休みから歯科で助手のアルバイトをして、そのアルバイト費用とそれまでの貯金(といっても、親が貯めておいてくれたお年玉など)全てをはたいて行く事に。足りない分は、その後、社会人になってから、両親に少しずつ返済。やっぱり世話になってますね。
 今度もまた大学の街、オックスフォードを選びました。同じく寮生活。高校の時に意気投合した親友と二人。当初、日本人は私達だけ。1回目は学校の集団で行った為に、全てにおいて至れりつくせり。でも、今回は。。。オックスフォードも町から少し離れると田舎。羊が放牧されていて見渡す限りの牧草地。街までは歩いたら一時間で行けるだろうか?休日はバスはナシ。一体、この寮からどう脱出すれば良いのか?ゴハンにもありつけない。不安に襲われ、いつもは強い友達は泣き出してしまいました。彼女は何度も留学経験があって英語も達者。その彼女が!私は英語力は無く彼女の足を引っ張るかもしれないけれど、イギリスに居る間は少しでも彼女の支えにならなければ、と心に強く決意したのでした。
 そんな生活にも直ぐに慣れ、午前中の授業が終わると毎日町に繰り出したり、授業をサボってロンドンに行って怒られたり。。。ドキドキ、新しい発見の毎日でした。若かったからパワーもあったんですね。 
 そこで知り合ったのは、現在の主人。(つづく)
[PR]
by shizuer | 2004-10-23 08:59 | 青春時代