育児と育自と時々の美味しいもの☆


by shizuer
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

悩みどころ

 大した話ではないけれど、帰省中に実家近くのデパートでリコがベビモにスカウトされました。愚図ったので抱っこしていると、後ろから「何ヶ月ですか~?」っと、私の母より5つ位年下の女性が。てっきり通りがかりの人かと思いきや、赤ちゃん専門のスカウトウーマンでした。「ウチは無理ですので。」とか「今は帰省中で住まいは大阪です。」と言って断ったのですが、愚図っていたはずのリコは「キャッキャッ」といって愛嬌をふりまくし、「大阪にも事務所があるので是非ご検討を。」というので、その場では断りきれずに、今週末までに主人と相談して、また向こうから連絡が来る事に。私は嬉しいというよりむしろ「面倒くさい事に巻き込まれたな。こんなのきっと色んな子に声かけてるに違いない。ひょっとしたら騙されてるかも?」というのが本音。
 今日、仕事の合間に主人から電話がかかって来て、この話になりました。主人はオシャベリな所があるので、「まさか会社の人に言ったんじゃないでしょうねぇ?」と聞いたら案の定。自慢や親バカだと思われるかも知れないし、何でもかんでも話しちゃダメだよと言ったら、ムッとし、お互い険悪ムードに。
 親バカってなんだろう?子供を育てることは本当に大変な事だし、自分がそうだった様に、親が思う様には絶対に育たない。だからこそ、自分の子供が一番可愛いと思わない事には育てられない様な気がする。子供には沢山の愛情をもって育ててあげたいし、やりたい事はやらせてあげたい。けれど、自分の子供ばかりを可愛がって、よその子供はどうでもイイみたいな親にはなりたくない。
 子供が生まれて良かったなと思う事は、よその子供も可愛く思える事。確かに自分の子と同じ様な歳の子供が気になるのも事実だけれど。
 私は良い子ぶっているだけで、今回のスカウト話は主人と同様、心の底では嬉しいのだろう。週末までにどう回答するか?それよりも、まずは夫婦円満でなければと思った一日でした。
 
[PR]
by shizuer | 2004-10-07 19:59 | 日記