育児と育自と時々の美味しいもの☆


by shizuer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リコのピンチ

さて1月2日に我が実家に移動した私達親子三人。到着すると私の従弟がフィアンセを連れて遊びに来ていました。とても感じの良い優しい女性で誰もが高感度大。「貴方(従弟)は幸せだよ」。何と何と、このお正月に従弟の両親と初めて会ったばかりだというその彼女。勿論私の両親や弟、我が主人もそうである。周り全てが初対面。緊張しているという言葉に反する様に、超ラブラブで二人の世界に入っていました。むしろ緊張したのは二人以外の私達。目のやり場に困ってしまいました。彼女の指にはティファニーの指輪が輝いていました。ああ、今が一番良い時ですなぁ~。ど~ぞお幸せに!

翌日、主人が大阪にそそくさと一人寂しく帰りました。リコと私は出産した産院で知り合ったお友達母娘とジョナサンで新年会に出かけました。(昼間ですよ~)ここでも外出。そー言えば、風がピューピュー寒かった。

4日。オモチャが無いので私の両親と弟と5人総出でトイザラスに行きました。小一時間、店内で三輪車に乗ったり、サンプルのオモチャで遊んだりと大騒ぎ。

大阪では若いママやお友達としか接して居ないリコ。最近は人見知り気味。しかしこの数週間で徐々に慣れていきました。毎日色んな人に触れ緊張しながらも、やはり食欲は減らない様子。流石。

その晩も大量の焼きうどんを食べてご就寝。布団から脱げすり出で寝冷えするので、家族が30分交替で様子を見に行っていました。夜の11時に喉が渇いたのか目を覚ましてしまったので、リビングに連れて来てお茶を飲ませる。昼間、トイザラスで買ってもらったオモチャ・マイクで遊び始めるが、夜も遅いので再び寝室へ連れて行く。眠くなった私も一緒に寝る事にした。部屋を暗くする。

すると

「ヒクっ、ヒクっ、ヒクっ」

「!?」

電気を付けると!

リコが目を開けたまま痙攣を起こしていました!

「・・・」

急いで下に降りて行き、リビングに居た両親に
「リーちゃんがおかしくなっちゃった!」

みんな階段を駆け登り、リコの傍に行くと、唇を真っ青にして硬直して居ました。

私も昔、痙攣を起こした事があったと両親から聞いていたので、リコもそうだと直感で思ったけれど、どうして良いか全く分からすボー然とするしかありませんでした。

母がリコの手を握っていると、1分程で発作が治まり、一点を見つめていました。

続く
[PR]
by shizuer | 2006-01-18 22:08 | 育児