育児と育自と時々の美味しいもの☆


by shizuer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

鯖の味噌煮

b0026385_2281817.jpg
鯖の味噌煮が一切れありさえすれば、ご飯三杯はイケるであろう。残ったお味噌もご飯にかけて食べるべし。ファミレスでも定食屋さんでも、注文率高。

そうそう、ちょっと面倒臭い事に巻き込まれてしまいました。大阪に引っ越して来てから、私の最初の社交場となったのが日本全国にある○ープ。ボランティアの方が子育てサロンを運営されていて、保険代100円で、子供は同じお部屋でボランティアの方が遊んでくれて、ママ達はそれを眺めながらコーヒーやお茶を片手にお喋りをして、日々の育児のストレスを発散しましょうという、引っ越して来たばかりで知り合いが居ない者にとって、とっても有り難い、頼りになるものを私は目ざとく発見しました。
そこで、先日のリトミックに誘ってくれたお友達も出来て、月一回の集いを楽しみにしていた訳だが。。。

そのボランティアの方も組合員で○ープ委員、私達三人、「○ープ委員にならないか?」と勧誘されたのでした。若い世代を新たに入れたいという狙いの様でした。確かに子育てが終わったり、子供が居ても結構大きい子供がいらっしゃる方ばかり。お芋堀りなどもあって、子供も喜ぶし、食に関する勉強も出来るからと言われました。「小さい子供が居て大変だから、会議の間は託児もあるし、大丈夫、大丈夫!大変な事は一切ないわよ。」という強い押しと、子供も喜ぶお芋堀り安心食品に惹かれて、ついつい承諾してしまいました。それがマズかった。

最初の会議があった先月は、リコが熱を出したので欠席。昨日、初めて出席して来ました。朝10時からっていうのも結構辛い。子供達を預けて会議。暫くすると子供達が泣き叫ぶ声。(いつもは泣かないリコも迎えに行ったら泣いた!)会議では、来月は隣町の○○ホールで集会に出席だとか、六甲山の方に現地見学ツアー、はたまた別の会議では8時半にピックアップ?などなど、自分の車移動が当たり前?、一歳児が居る母には、絶対務められそうもない任務を要求されました。

「そんなぁぁぁ~」

私の隣に居た友達はブルーになり辞めたいと言い出し、けれど、もう一人は結構ヤル気満々だし、板ばさみになって、私もブルーになりました。後から分かったのですが、活動費として個人にいくらか支給されます。

簡単に稼げる話はやっぱり世の中には無い。

それにしても、委員の人達のあの熱意は一体どこから来るのだろう?不思議だ。まるで学級会状態。私、そういうのに冷めて居たのよねぇ~(適当な人間)

めざましテレビの占いで、私は最下位。(てんびん座)人間関係が良くないと出てました。当たってる。。。

一度ヤルと引き受けたからには責任を持ってやろうと思う。でも、出来ないものは出来ないとハッキリ言おうと心に決めた。子供が第一よ。shizuer流で行くぞ!

あの占い、当たってる。。。
[PR]
by shizuer | 2005-05-14 00:02 | 日記