育児と育自と時々の美味しいもの☆


by shizuer
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ピッツァ カプリチョーザ

b0026385_22582976.jpg
              カプリチョーザ=気まぐれ

先週の土曜日の気分でトッピングを考えました。アンチョビ、エリンギ、タマネギ、ウインナーにマッシュルーム。極めつけに卵もオン!(もうちょっと温泉卵風が理想ぉ。。。)出産三日前に実家の家族と主人でイタリアンで食事した時にオーダーした、ピッツァ・ビスマルク。トロ~リ卵が乗っていました。忘れられない美味しさ。あの食事が出産のパワーの源となったのか?

生地がしったりとしたアメリカンタイプも好きですが、クリスピーなローマ・ピッツァも大好き。石釜が無いのでと諦めなくても大丈夫です。魚焼きグリルがあれば!

b0026385_2332956.jpgこちらも以前TVで知った技です。魚焼きグリルが家庭では石釜の温度に最も近いそうです。お魚の匂いがつくかも?と心配しがちですが、それも大丈夫です。我が家のグリルは大きめではありますが、グリルの大きさのものしか焼けないところは欠点かな?でも、早ければ本格派ピッツァが20分で出来ます。



[材料] 二枚分
<生地>
・ドライイースト 3g
・強力粉 50g
・薄力粉 50g
・ベーキングパウダー 1g
・塩 ひとつまみ
・ハチミツ 小さじ1
・オリーブオイル 小さじ1/2
・38℃のお湯 60cc

<トマトソース>
・ホールトマト 100g
・塩 ひとつまみ
・オリーブオイル 小さじ1と1/2

<チーズ>
・モッツァレラチーズ など

<具 >
・お好みの具材

1.ドライイーストとハチミツを38℃のお湯に溶かす。強力粉・薄力粉・塩・ベーキングパウダーをボールに入れよく混ぜ合わせる。

2.お湯で溶かしたドライイーストとハチミツを粉に少しずつ加えながら混ぜ合わせ、よくこねる。ある程度まとまってきたら、オリーブオイルを入れ、さらにこねる。

3.生地をラップやビニール袋等でしっかりと包み、38℃のお湯につけて5分間発酵させる。
この間にホールトマトを手でつぶし、塩・オリーブオイルを加えよく混ぜ合わせる。モッツァレラチーズを細かくする。具材を準備する。

4. 魚焼きグリルに火をつけ強火で2分間温めておく。その間にアルミホイルにオリーブオイルを塗り、半分に分けた生地をアルミホイルの上でめん棒を使って伸ばす。(打ち粉も必要に応じて)

5.生地を魚焼きグリルに入れ、強火で片面を焼く。(1分30秒)

6.生地を一旦取り出して生地を裏返しトマトソースを塗り、モッツァレラチーズと具材をのせる。

7.再びグリルに戻し、焼く。(約2分)

焼き加減は機種によって調節して下さいね♪
[PR]
by shizuer | 2005-03-24 00:00 |